【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実


From 藤井聡@京都大学大学院教授

——————————————————-

●月刊三橋最新号のテーマは「フランス経済」。

「ユーロという罠」に落ちた大国の選択とは?
フランスに今が分かれば、日本が見える!

https://www.youtube.com/watch?v=eQUSqYvie2s

——————————————————-

今年平成27年の1月,「大阪都構想」を実現するかどうかを決める,「住民投票」を行うことが決まりました.住民投票の対象者は,現在の「大阪市民」です.

そこで,過半数が大阪都構想に対して「Yes」の意思表示をすれば,投票から約2年後の平成二十九年の四月から,いわゆる「大阪都構想」が実現することになります.

──しかし,大阪市民は一体,「何に」投票すべきなのでしょうか?

実は,そもそもこの点からして,大阪市民を含めた多くの方々が,ご存じないように思います.

ついては,ここでは,「大阪都構想」についての賛否はさておき,その判断に向けて大切な,いくつかの「事実」の情報を提供したいとお思います.

【事実1】今回の住民投票で決まっても,「大阪都」にはなりません.

実は,今度のいわゆる「大阪都構想の住民投票」で問われているのは,法律的に定められた,ある協定書に対する賛否なのですが,この協定書の中には,「大阪都」という言葉は一回も出てきません.

そこに出てくるのは,「大阪府」という言葉だけです.

これはなぜかというと,今の法律の中には,東京都以外の道府県を「都」に名称変更するということは定められていないからなのです.

したがって,住民投票でこの協定書が認められたとしても大阪都は実現しません.大阪府は大阪府のままなのです.

【事実2】今の「都構想」は,要するに「大阪市を解体して五つの特別区に分割する」ことです.

さて,その協定書には,様々なことが書かれていますが,その中の最大のポイントが,この点です.

かつては,堺市や周辺の自治体も「特別区」にすることが構想されていたのですが,一昨年の堺市長選で,この都構想が堺市民から事実上「否決」されましたので,その構想それ自体が,「大阪市を解体する」ということだけになったのです.

つまり,今度の住民投票で問われているのは,この「大阪市を5つの特別区に分割すること」についての賛否,というわけです.

【事実3】年間2200億円の大阪市民の税金が市外に「流出」します.

さて,大阪市は今,数ある自治体の中でもトップランクに権限を持っている「政令指定都市」です.

ところで,政令指定都市,というのは,要するに,事業所税をはじめとした他の自治体にはない財源をつかいつつ,強力な都市計画=まちづくりの権限でもって,様々な取り組みを進める力をもった自治体です.

この強力な力こそが,大阪が関西,西日本の中心都市として発展してきた,決定的理由です.

大阪,関西の都心である大阪に手厚い権限を与え,キタやミナミ等に集中投資を行い,これをエンジンとして発展してきたのが,大阪という街であり,関西の活力の源泉だったのです.

ところが,都構想が実現してできあがる特別区には,この強力な権限がありません.

したがって,大阪市内で集められた大量の税金が,大阪市「外」に流出することになるのです.

その総額は,実に2200億円!

(※ 正確には2240億円.これは法定協議会の資料から,この数字が明確に試算できます).

もちろん,これは今,大阪市が担当している事業の一部が大阪府に引き継がれることになるので,その事業のための資金だと解釈できるのですが,2200億円の予算が大阪市外に流出し,それを現大阪市民の自治でその使い道を,現在の様に「管理」出来なくなるのは事実です.

これは大阪市民一人あたりにすると,年間約8万円.つまり,都構想が実現すると,現在の大阪市民は,一人あたり年間8万円ものおカネの使い道を,自分で決められなくなってしまうのです.

そしてそれを通して,大阪はキタやミナミをはじめとした都心の核への投資が細り,徐々に大阪の「核」が衰弱して行くことが深刻に危惧されるのです──.

【事実4】流出した2200億円の多くが,大阪市「外」に使われます.

とはいえ,大阪市から流出する2200億円を管理する「大阪府」が,そのおカネをフルに活用して大阪市(特別区)にとって良いことをしてくれるのなら,現大阪市民は,都構想によって不利益を被ることも,大阪の中心核が衰弱していくことも無い,ということになります(行政的にはもちろん,そのように説明されています).

しかし残念ながら,都道府県の財政運営の「法的常識」から考えて,そういうことは起こりそうにありません──.

そもそも,「府」が,府内の核自治体から税金を一旦吸い上げ,その後に配分するのは,「所得の再分配」といって,自治体間の貧富の格差を埋めるために行われるものです.

だから,その2200億円が,これから(千早赤阪村や四條畷市等を含めた府内の)他の自治体に回されたり,あるいは,昨今財政が厳しくなった大阪府の財政のために活用されるようになる可能性も,十二分以上に考えられるわけです.

【事実5】特別区の人口比は東京は「7割」,でも大阪では「たった3割」

とは言えもちろん,もしも大阪市の人口が大阪府全体の多くの部分を占めているのだとすれば,大阪府が大阪市(特別区)のために,手厚い行政を展開することも考えられます.

しかし残念ながら──やはりそうはならないのです.

そもそも大阪の場合は,23区民が全人口の7割を占める東京都とは真逆に,特別区民となる現大阪市民の割合は,全体のたった3割にしか過ぎません.

だから,大阪知事は,東京都知事のように,特別区の住民の意向に特に手厚く配慮しながら行政を進めていくことは,そもそも不可能なのです.

そして大阪府議会においても,大阪市(特別五区)選出議員の数は全体の約3割で,残りの7割が大阪市以外の市町村からの選出なのです.したがって府議会の議論は,東京都の様に,特別区の住民の意向を特に重点的に配慮したものとは,ならないのです.

つまり,「数の論理」から考えれば,東京都の様な,都心を特に重視した「大都市行政」は大阪においては期待できない,ということになるのです.

先ほど,大阪市から流出した2200億円のおカネは,大阪の中心核である大阪市のために使われる傾向は低いだろう,ということを申し上げましたが,こうした「数の論理」から考えても,そうなることは明白だと考えられるわけです(なお,この2200億円も,現時点での協議会資料ではそうなっている,というだけで,これからさらに拡大していくことも,十二分以上に想定されます).

【事実6】東京23区の人々は,「東京市」が無いせいで「損」をしています.

ところで,都構想について,次のような漠然としたイメージをお持ちかの方もおられるかも知れません.

(1)大阪市は今,疲弊している.
(2)東京23区は羽振りが良い.
(3)だから,大阪でも東京と同じような「特別区」にすれば,羽振りがよくなる.

しかしこれは,大きな勘違いです.それは例えば「今,一番モテている奴は,いつも髪の毛がくしゃくしゃだ.だから自分も髪の毛をくしゃくしゃにすれば,それでモテるようになる!」なんて考える様な愚かな話です.

そもそも,東京23区がもしも「東京市」だとしたら,東京都心はもっとさらに強烈な集中投資が進んでいるだろうことが明らかなのです.

もしも東京23区に「東京市」という,今の大阪市のような一つの「政令市」があったとしましょう.政令市というシステムは,その内側の都市行政を保護する「保護システム」です.したがって,政令市という保護システムさえあれば,その東京市には,今,「東京都」に召し上げられている,莫大な税金がそのまま残され,その結果,より豊富なおカネを自由に使うことが可能となります.

つまり,東京23区の住民は,政令市という保護システムがないせいで随分と「損」をしているのです .

大阪都構想の賛否を考える際,この東京23区の真実も,重要な意味を持つでしょう.

【事実7】東京の繁栄は「都」という仕組みのせいでなく,「一極集中」の賜(たまもの)です.

ではなぜ,現在の「大阪市」は疲弊しているのに,現在の東京23区が豊かなのかと言えば───それは行政の仕組みの問題ではなく,そもそもの経済規模が全く違うのからなのです.

人口についても経済規模(GDP)についても,大阪市と東京23区との間には,実に四倍前後のもの巨大な格差があるのです.

これは,首都東京に,あらゆるモノが一極集中していることを示しています. これが,東京23区の豊かさの秘密です.

その豊かさは,「都と特別区」という制度によってもたらされたものなのではなく,「首都」という特殊な事情がもたらしたものだったのです.さらに言うならその豊かさは,「東京市」という政令市の保護システムがないせいで,自主財源が流出し,23区民が「損」をしたとしても余りあるほどの豊かさだった,という訳です.

ところが──大阪市はそもそも,23区とは比べものにならない位の「少ない」人口と,「少ない」GDPしかありません.その結果,23区とは比べものにならないくらいの「少ない」自主財源しかもっていないのです.

にも関わらず,大阪市という,政令市の「保護システム」を解体すれば,大量の自主財源が流出し,大阪市民は,さらなる疲弊に苛まれるようになることは,決定的なのです.

・・・・

以上,いかがでしょうか?

大阪都構想に賛成するにせよ反対するにせよ,以上に紹介した7つの事実については,少なくとも十分に吟味した上で,ご判断いただきたいと思います.

実は都構想を巡っては,さらに重要な「事実」が様々にあるのですが,それについては,また別の機会にお話したいと思います.

本稿が,大阪の明るい未来に少しでもお役に立ちますことと,祈念いたしたいと思います.
(なお、本記事の意見は全て藤井聡個人の見解であり、関連する如何なる組織の見解とも関係ありません。)

PS
三橋経済塾への入会を希望される方は、こちらをクリック
http://www.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

PPS
月刊三橋会員の方には、数千円の会員限定割引が適用されます。
三橋経済塾の前に月刊三橋の会員になるには、こちらをクリック!
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv2.php

  

【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実” への164件のコメント

  1. 無知は罪♪
    そして無知には
    QOLの低下という罰が
    もれなく付いてまいります。

    政治経済から医療の分野にいたるまで、、、

    「善意」に満ちあふれる行政や
    専門職の方々による縮命行為を
    なにも知らずに選択しても それは、、
    今を賑わす「自己責任」

    民主主義とは ホンマにシンドイ
    制度でございますね。

    藤井さまの貴重な情報
    いつもいつも感謝いたしております。

    • 三橋さん、信用してましたが事実誤認もはなはだしい。
      変な人の意見を信じては駄目です。
      モット真実を調べて発表してください。

      • >三橋さん、信用してましたが事実誤認もはなはだしい。
        >変な人の意見を信じては駄目です。

        具体的に事実誤認もはなはだしい。とする記述を指摘してあげたほうがいいと思います。

        • 大都市地域における特別区の設置に関する法律
          (平成二十四年九月五日法律第八十号)
          最終改正:平成二六年五月三〇日法律第四二号

          第十条  特別区を包括する道府県は、地方自治法その他の法令の規定の適用については、法律又はこれに基づく政令に特別の定めがあるものを除くほか、都とみなす。

          • 結局、貧乏な大阪府が庶民クラス程度には財政のいい大阪市を食いものにしたい=都構想ですね。
            そもそも橋下市長も最初は大ロンドン市構想を手本に豊中市や東大阪市を特別区にする案を出していたけど、一顧だにされなかったので、唐突に大阪市だけを府に統合すると言い出した。
            このボタンの掛け違いで、大阪都議会の構成は財源を少なからず供出する大阪市選出議員が3割、他の43市町村から7割やとなる。そして、大阪市の財源を広域財源と叫びながら何もしない他の7割が、僅かの財源の取り合い(地元誘導)を始める。
            これまで、大阪府の施設はなぜか大阪市以外に作る傾向があるから、遺伝子を受け継ぐ都議会も同じことになるでしょう。都議会議員も所詮、地元が可愛いんですから……

          • 3月4日大阪府議会で、維新浅田均府議の大阪都に名称変更するにはどんな方法があるのか」と質問し、それに対して大都市局長の答えは「新たな法律の制定や地方自治法の改正が必要だ」と答えているよ。

          • 法律での『みなす』と言う言葉は即ち『都』ではないという事です。

      • ”変な人”、”モット調べろ”というなら、せめて、一つくらいは”事実誤認”とやらを上げた方がいいのでは?

        中身のない批判は見ていて気分が悪いです。

    • 藤井聡先生の意見が正しい事を、橋下市長と討論して大阪市民に知らしめて下さい。今のままでは負けるので逃げているとしか思えない。卑怯者にならないように堂々と論戦下さい。

  2. 日々、真摯な情報をありがとうございます。

    『都構想』って。。国全体の話ではないのでしょうか?
    何故、大阪市民だけの投票なのか疑問の思います。

    橋下氏達は、日本でなく自分達のお仲間のために働いていると思います。
    民主党等も共通ですが、自分達で新しいものは創らず日本人の資産にタカる事ばっかりです。
    今や大阪市の派遣はパソナですし、全国に波及し出してます。
    この人達の特徴は一度手に入れた権利は絶対返しません。

    カジノが出きれば引退して顧問弁護士とか。。と思います。

  3. 橋下はこのことを判っているのでしょうか?
    一度先生と議論していただきたい者です。

  4. 橋下ちゅうんはホンマにずる賢い奴やな。
    大阪市のみなさん、騙されたらあきまへんで。
    こんなもん、ただのやり逃げ選挙や。

    ええか、もし橋下が勝って都構想が実行されたとせえや。
    実行された所で、この前の民主党みたいに、言うとった事と現実が全く違う事になったらどうすんねん。

    市が存在していれば、なんぼでも文句言えるし、次の選挙で落とすことも出来るやろ。
    そやけどな、都構想実行された瞬間から、市は無くなり、張本人の橋下自体がおらんようになるんやで。(市が無くなれば、市長消滅)

    橋下はそこまで計算しとる。
    都構想なんか、藤井はんが仰る通り、うまく行くはずがあらへん。
    堺市が政令都市に成った時点でご和讃のはなしや。(堺市が政令都市に成らんでもメチャクチャな妄想やけど。)

    話逸れるけど、府の松井なんかテレビで観光客が増えただの自慢しとるけど、なんで大阪を観光中心で産業考えらなあかんねん。
    そんな考えやったら、沖縄みたいにどっかの国に依存せなあかんように成るやろ。

    もし橋下が選挙に勝ち、都構想が実行され、大阪がメチャクチャに成った時、橋下はなんて言うんやろな。(想像は付くけど)。

    • そういわれるなら、自民党主導に任せたら、いい未来が待ってるんでしょうか?
      府市のいがみ合いを、間近で見てきた私からすると、今の府市の協働はすごく頼もしいです。
      建設関係ですので、自民党主導の方が私個人とすると、利益は多いです。
      ただ、それを続けてきたことにより、大阪府市は重病患者になりました。
      会社経営と、府市行政は異なりますが、計画し、組織し、命令し、調整し、統計をとる、これは、どの組織団体でも同じだと思います。
      橋下氏の計画の中身がどうであれ、計画を遂行するには、組織を変える必要があるのは、至極当たり前の話だと思います。

      もちろん、橋下氏の意見には、不都合な部分も隠されてますし、自民党主導のいい意見は報道されない部分も多々あります。
      ただ、成功率の低い手術の必要がある重病患者大阪は、一か八かの賭けの必要があるんではないでしょうか??

      まぁ、私は、自民党が勝てば、業界として潤うので、個人的には、自民党がいいですが、大阪の事を少しでも考えるなら、維新になるでしょうね。。。
      (もちろん、成功率が低いのは重々判っております)

      あと、どんな計画でも、やらない限り前には進みません。
      おっしゃる通りの未来があるやもしれません。
      ただ、それをそのまま見過ごす自民党その他では無いと思います。
      自民党主導では到底できなかった改革をしてもらい、それらの修正を自民党主導でやって頂くのが、理想かな・・と。。

      • 藤井聡氏の記事100以上あるから、まずそれを読んで。あんたやったら特に藤井ファンになるやろな。

        • 藤井信者なんでしょうね~上記の人は!
          1つの意見だけで答えを出すから考えが偏るんですよ!
          双方の意見を理解した上で発言してください。

      • ただ、成功率の低い手術の必要がある重病患者大阪は、一か八かの賭けの必要があるんではないでしょうか??

        百歩譲って、確かに現状を打開するには、ある程度のリスクを背負う必要があるかもしれまんせが、それを橋下氏に賭けるというのは、ハイリスク、ノーリターンではないでしょうか?橋下氏の欠点は、忍耐力・持久力がなく、話が2転3転するところにあり、そのよな人に大阪の未来を賭けるのは、ナンセンスだと思います。

        • ぢゃ、誰に託すの?あなたがやるの?民意で選ばれたんだから、それが民主主義ですよ。

  5. 当然このような事は、橋下は理解しているという事なんでしょうか?
    それとも全く判っていないのでしょうか?

    • 大阪市民の税金は流れませんよ。藤井氏は大阪都構想の設計図を全く読んでいないのでしょう。バカですから
      これは橋下市長のツイートだ、反対派無知不勉強無責任評論家、
      学者連中はひたすら無知不勉強無責任を基にデタラメ批判繰り返すだけ、橋下氏は記者会見でもタウンミーティングでも徹底して
      丁寧に都構想に関する質問に答え続け維新の会のHPでも
      都構想に関し丁寧に説明を載せている。
      反対派議員団は議会で橋下市長に質問せず橋下氏と論戦を避け橋下氏を委員会に呼ばず本人のいない所でデタラメな批判
      重要な政策を市長と議員で話し合う条例も否決、議員の責任を問う為、市長から議員に質問できる条例も否決
      この藤井聡は政府の特別参与だかなんかの政府からのご意見聞きをやったことがあるだけ、橋下氏は知事市長として膨大な激務に取組み責任を負い膨大な実績を府市で残している。政治行政経験皆無の藤井聡なんて大阪府政市政にまるで無知不勉強
      タウンミーティングに来て橋下氏に直接
      、質問してみな。自分の大噓批判を全て明確に一蹴されるから
      大阪都の協定書は中央省庁の総点検を受け総務大臣からも
      特に問題ないとお墨付きをもらっている。

      • 中澤さん、あなたの物言いは、差し詰め橋下の劣化版やね(笑)
        「勉強不足」を阿呆の一つ覚えのように繰り返すだけ。
        もちろん、みんな「特別区設置協定書」を熟読してこその反論なんですわ。
        あんたも罵詈雑言だけやのうて、藤井さんの意見が、どこがどう間違っているのかを具体的に言うてみなはれ(笑)

      • >大阪市民の税金は流れませんよ。
        そう考えるに至った根拠を記載したほうがいいと思います。

        >大阪府議会においても,大阪市(特別五区)選出議員の数は全体の約3割で,残りの7割が大阪市以外の市町村からの選出なのです.したがって府議会の議論は,東京都の様に,特別区の住民の意向を特に重点的に配慮したものとは,ならないのです.

        数で勝っていれば取り返せるかも知れないけど、旧大阪市以外の議員が予算くださいと言って来たら取り返すのは無理じゃないですかと藤井さんは言っているだけのように思えます。

        大阪市(特別五区)選出議員の約3割でも、府に吸い上げられた税金を取り戻す見込みがあるのなら、それを指摘してあげればいいんですね。
        きっと。

      • う~ん、賛成、反対は大阪の方にお任せしますが、もう少し良く理解して判断すべきでしょうね。
        大阪市民の税金が流出するか否かは、もちろん大阪府が「都」とみなされたから自動的に流出するわけではないですよ。要は、大阪市民(代表者を含む)だけの意思で決められなくなるということでしょう。で、結果的にほぼ確実に今より流出するであろうということです(全額というわけではないですよ)。もちろん今も市域外へ「流出」してますよ。ただし、大阪市民の意思によってね。
        そうそう、ちゃんと法律を読むと、「大阪都」は存在しないですよ。存在するのは「大阪府」で、法律上の「都」とみなすというだけです。

  6. まるで、大阪市民は大阪府民とは別モノで、府の行政コストを負担するのは損であり、全て市の中で使ってこそ大阪が発展するみたいな論調には違和感を感じます。
    そうやって財源と権限を死守しようとするから二重行政がなくならないのでは。

    • 大阪市民にとっては、二重行政ほどありがたいものはない。
      重複してサービスを受けられるわけだから。
      でも、実際、二重に受けられるサービスはほとんどないけどね。

      そこで、財政的に厳しいのなら、
      「すいません、大阪市民の皆さん、財政が厳しいので府と一緒になって下さい」と言って都構想を主張するのならまだ理解できる。

      しかし、いま維新が主張している「府市統合したら、夢の世界になる!」みたいな説明はまったく信用できない。

    • 橋下は、知事時代に平松市長に「市の分際で府のことを考えるな。府の事は知事が考える」と言いましたよ。
      なんで大阪市民が府のことまで考えなあかんのでしょう?

    • 市民税も府民税も払っているのに同じようなサービスを提供してもらう必要はないと思います。
      それって二回お金払って同じものを買ってるようなもんですよね。
      いや、別に二重行政でもいいんですけどね、役割分担ができていれば。大阪市を分割して権限と財源を府に移譲するというのはその役割分担を明確にするということだと思います。単に役割を明確にするだけなので「夢の世界になる」みたいなことは無いでしょう。ただ、役割分担を明確にすることで、どちらがやるのか揉めて前に進まないようなことは減るのじゃないかと思います。

      • 大阪府って住民税(市県民税)以外に別途府民税があるんですか。
        横浜市民ですが、神奈川県民税を別途収めていません。

    • 二重行政云々って言われていますが、実際、大阪市と大阪府の二重行政って何を指すのかおわかりですか??

      橋下自身ですらWTCと臨空開発のことだ!とかってうそぶいていますが、これって二重行政じゃないですよね。

      単なるバブル期の投資の失敗例なだけです。
      では、図書館が!っていったり、大学が!っって言っていますが、ともにそれぞれでカバーしきれず、必要だからあるわけでしょう。

      都構想の主眼は、大阪市の財産と権限を奪って、好き放題土木工事することですよ。
      (府知事になってみたものの、あまりの財源不足で何もできなかったから、大阪市の財産に目をつけただけです)

      大阪市民からすると、市民税、府民税をそれぞれ支払っているわけであり、広域投資に必要な財源は大阪府に支払わされているわけで、大阪府政はその範囲でやればいいだけの話でしょ。

      そこを大阪市税にまで手を突っ込んできて好き放題しようとするのは間違ってるでしょ。

      ちなみに、橋下や松井らの(同○)利権者らはカジノや土木利権をすき放題にし、自分たちが儲かる仕組みを作ることが目的で、市民のことなんてこれっぽっちも考えてないでしょ。

      市民のみんな、詐欺にだまされたらあかんで!!

      住民投票は投票総数の過半数の票をもってけっていされるので、市民の皆さん、反対なら反対として投票しなければえらいことになります。みんなで反対投票に行きましょう!!

  7. 藤井先生、大阪を見捨てず寄稿してくださってありがとうございます。
    大阪にいると、おかしいと思う自分がおかしいのではないかと思う程、都構想賛成モードです。
    そんなにいい制度ならよその市町村も我も我もと手を挙げておかしくないのに、どごも言わないのはなぜ?位の報道があってもいいのに…と思います。
    事実4の「昨今財政の苦しくなった大阪市」とあるのは、先生、大阪府の誤りですよね。
    大阪府は現在起債許可団体になっています
    3年後には、健全化団体に転落します
    大阪市は政令指定都市のなかでも優良であり今のままでも20年後に黒字化の見込みです。
    こんな事も報道されません。橋下が府の財政を黒字化したとのウソがばれるのが怖いのでしょうか?報道機関は一体誰が怖いのでしょう?
    地方の長野県や徳島県の新聞の方が冷静に事態を書いておられる気がいたします。
    大阪市は私のふるさとです。4代に渡り住んでいる街です。潰される事は心まで潰れそうです。なのに、保守だと思っていた方がだんまりを決め込んだり、賛成などと言う現状を私は理解できません。
    大阪市なんかどうなっても構わない、そんな風に思われているのかと…私たち大阪の人間は日本から捨てられたような、寂しい思いをしていたところ
    藤井先生が声を挙げてくださり、本当にありがとうございました。

  8. 大変わかりやすい御寄稿ありがとうございます。
    ところで【事実4】の下から2行目の「昨今財政が厳しくなった大阪市の財政のために~」は、「昨今財政が厳しくなった大阪府の財政のために~」の間違いではないでしょうか?文章の辻褄が合わないように思います。ご確認お願いいたします。

  9. 東京都が東京市があった方がいい政治が出来てたかどうかは全く分からない。
    が、「大阪市だけがやる一極集中」と「大阪府がやる一極集中」だったら大阪府の方が予算規模が大きいんじゃないですか?普通に考えて。
    「大阪市の税収が大阪府に取られる」ってのはよく分かります。
    そして東京都の繁栄は23区特別区制度のためでないことは勿論分かりますし、橋下氏のポピュリズム的な手法も分かります。
    が、構造改革によって得られる利益を全く計算も紹介もしてない点は片手落ちでは?

    • 残念ながら、構造改革(府市統合)による利益って特にないんですよ。

      都になったら経済がよくなるって維新は言ってますが、
      その根拠がまったくありません。
      公式サイトのQ&Aでも、「すでに観光客が増えている」とか訳のわからないことが書かれてます。

      またコスト面でも、単純に大阪市解体だけでは、ほとんど変わりません。4000億とか維新はいってますが、その根拠もあいまいで笑。

  10. そもそも「都」は、みやこ=宮処であり、これは天皇陛下のおられる場所を示します。したがって、現在の日本に都は東京都をおいて他にありません。都は二カ所も存在し得ません。単なる行政区画では無いのです。皇居を大阪に移すというのなら話は別ですが。そうなると、東京都は東京府に「格下げ」になるでしょう。明治以降、京都が京都府になったように。ま、あまりにも現実味の無い話ですが。何が言いたいかと言うと、「大阪都構想」というお題目からして、既に虚構なのです。
    橋下君も正直に言えば良いのです。大阪府知事時代、何かと平松市長に反対されて腹が立った。だから大阪市を分割して特別区にして、権限を奪ってやるんだ、と。
    大体、「都」とか「維新」とか、軽々しく使って良い言葉ではありません。
    必要以上に大げさな表現でセンセーショナルにあおり立てるあたり、橋下君は小泉君と通ずるものがありますね。

    • 「東京の奠鼎(奠都)は遷都にあらず」とし、遷都の発表はなく、今日に至るまで都を東京に遷されたのではなく、東京は京都とともに並立して帝都の首都であることは明らかであるとした。続いて大正8年(1919年)、東京市役所の発行した『東京奠都』も、東京奠都は京都留守居官の廃止で完了したが、「その名義に於ては、いつまでも東西両京の並立で、遷都といふ事は、つひに公然発表せられたことはなく」、「京都も一の帝都であるが、事実に於て遷都の事はいつのまにか行はれてゐた」とした。これらの考え方によると、東京奠都に関しては都を移す「遷都」を語を避け、京都と2つ帝都としたのだから都を定める「奠都」と称すべきであるとされる。
      現在に至るまで法令上「首都」の定義・規定はなされておらず(第142回国会衆議院特別委員会)、日本における従来の「みやこ」(都・京)と「首都」との関係について定かになっているわけでない(→日本の首都参照)。戦前から戦後しばらくまで「首都」という語はその地方での主だった町(主都・主邑・プライメイトシティ)をも指しており、かならずしも天皇の常住する帝都のみを指していたわけではないのである。

      • 府と市が一つになると都になります。それだけです。都に首都という意味はありません。

  11. 大阪市民ですが、おのれの無知を恥じてます。完全に、ヒットラー橋下の、大阪都計画に心酔してました。口達者なプロパガンダと、何にも指摘しない大阪のマスコミには、いつも参ります。

  12. 大阪都構想の是非を考える前に、橋下以前の大阪市政府政がどうだったか考える必要があるし、
    大阪都構想のメリットデメリットをあれこれゆうなら、
    橋下以前の大阪の市政がいかに先の見えないものだったか、もう一度検討する必要がある。大阪にお住まいのみなさんなら、すぐ思い出せるでしょ。
    大阪に住んでいる人なら、

    • おそらく無駄な箱物のことをおっしゃってるんでしょうけど、
      もし、府市統合したら、「先の見える」施策が打てるんですか?
      その根拠がわかりません。

      あるいは、早くから府市統合してたら、無駄な箱物はなかったんですか?

      私も無駄な箱物を作った行政を徹底的に批判する方ですが、
      府市統合とは直接関係ない話ですね。
      要は首長、行政がどんな政策をするかによるのです。

      これを結びつけるところが、維新の主張のずるいところです。

      • 箱モノだけじゃなく、土木においても、府主導の工事、市主導の工事、区主導の工事とムダが多いです。
        ですので、その3重が2重になるや、府市の2重が1になるだけでも、メリットはあります。
        問題は、今までの既得権益者がそれを看過できるかという事ですが、そうなると権益が減る事が簡単に予想できるので、そういう建築系の支持団体を持つ自民党が反対するのは容易に想像がつきます。
        基本、行政施策の細かい所は、府市職員の計画です。
        基本理念・方向性を示すのが、府知事、市長だと思います。
        自民党が主導の時代、府知事も市長も自民党なのに、意思疎通ができませんでした。
        今、それが解消されつつある時に、構造改革をする必要はあると思います。
        又、府市職員の中で、環境変化して欲しくない人達からすると、新しい枠組でどういう仕事をさせられるかは不安で、維新には職員からの票は集まらないでしょう。。
        これらは、ムダを排除する動きが止められている行為と思われます。

        逆に問います。
        府市統合しないで、先の見える施策が打てるんですか??
        少しでも未来がある可能性があるなら、それにかけてみたい・・と思うのが普通では??
        大阪はかなりの重病患者です。
        手術の成功確率が10%くらいの患者ではないでしょうか。
        ただ、手術をしなければいずれ死が見えています。
        つまり、自民党主導に任せれば、死が待っていて、維新の会主導に任せれば成功率は低いが生きられる可能性がある。
        これが、実質、大阪市民が維新の会を支持している理由だと思いますよ。

      • 府と市の競合の歴史を調べたら、すぐわかる話ですよ。だいたい、そんな事も、橋下市長になる前までは、わからなかったこと。

  13. 【事実1】
    行政組織再編の大阪都構想なので、名称は将来的に考えれば問題なし

    【事実2】
    大阪市の分割は大阪市民の判断が必要
    (24区すべてに区民プールは必要?)

    【事実3】
    年間2,200億円が大阪市外へ流出は単に役割分担であり、大阪府が大阪市に投資が全くしないとも考えれことができない
    (現在も府市の共同で行っている)

    【事実4】
    流出した2,200億円は大阪市外に使われる根拠を示していただきたい

    【事実5】
    今はたった3割だが、今後は拡がる可能性もあり、最初の1歩が大事

    【事実6】
    東京区民が東京市がなくなり、損をしているとはまったく聞いたことがない
    本当なら東京区民間や東京区長から東京市に戻す運動などあるはず

    以上、もっと説得力のある発言をお願いします

    • 中村氏にご質問がございます。

      事実5
      「今はたった3割だが、今後は広がる可能性があり、最初の一歩が大事。」

      この根拠を示して頂きたい。
      例えば、藤井氏が公共事業、すなわち財政政策の重要性を論文で示した様に(是非は個々が考える事)明細に、そして
      具体的に事例など織り込んで頂ければさいわいです。

      これは重要なことです。最初の一歩が大事、だけでは判断出来かねます。
      もし、それに関しての論文がございましたら、是非教えて頂きたく思います。

      • 私は専門家でありませんので、詳細根拠はお示しできません。逆に東京府市の合併時(東京都成立時)、特別区の人口比は7割だったんでしょうか?

        ご存知の方が教えていただけませんか?

      • 東京府市が東京都に合併時の特別の人口比をどなたかご教示していただけないでしょうか。

          • 9割ですか?

            よく御存じですね。何か資料を拝見したのなら私にも教えていただけないでしょうか。
            (上の拓三さんの質問にも根拠をと発言しており、まさかご自身の発言に根拠がないことはないですもんね)

            ご教示宜しくお願いします。

          • 都に変わる1年前の昭和15年
            東京府人口 7354971
            東京市人口 6778804

            これは根拠のレベルの話とちゃうで。
            自分で調べたらどうでっか。
            2度と、人の批判するな。

    • >行政組織再編の大阪都構想なので、名称は将来的に考えれば問題なし

      まずここでダメじゃないですか、いい加減すぎる。
      橋下氏もそのような言い訳をしていましたよね。

      • 日本では初めての行政再編です。
        法律もきちんと成立させてから始めてもいつになったら成立するのやら・・・

        道なき道を進む(自ら道を作る)改革者か、答えがある問題しか解答(対応)できない者の違いか↘

        • >日本では初めての行政再編です。

          ここで言っている日本とは明治以降ですか?
          維新というのは革命ではありません。

          >道なき道を進む(自ら道を作る)改革者か、答えがある問題しか解答(対応)できない者の違いか↘

          これ矛盾していませんか?
          前者も答えがないなら解答はないわけで、大阪都構想が正しいという結論は導き出せないと思うのですが。

    • > 【事実4】
      > 流出した2,200億円は大阪市外に使われる根拠を示していただきたい

      この場合、あなたが「2,200億円はすべて大阪市内に使われる」ことを証明しないといけないですね。まず不可能でしょう。

      > 【事実6】
      > 東京区民が東京市がなくなり、損をしているとはまったく聞いたことがない
      > 本当なら東京区民間や東京区長から東京市に戻す運動などあるはず

      あなたが聞いたことないだけで全く根拠にはなりませんね。
      23区間の格差の話なんて、少し調べれば出てきます。
      富裕層が多い区、犯罪の多い区、税収が少ない区、かなり差があります。

      これらの不満が噴出しない理由も、【事実7】で根拠が示されてます。
      (答え:それでも他県よりマシだから。)
      よく読まずに批判先行で書き込んでいるのがよく分かります。

    • 【事実4】流出した2,200億円は大阪市外に使われる根拠を示していただきたい   に関して。

      では、市外に使われない根拠を示してください。
      藤井さんは、「都道府県の財政運営の「法的常識」から考えて,そういうことは起こりそうにありません──」と説明されてますよ。

      【事実5】
      今はたった3割だが、今後は拡がる可能性もあり、最初の1歩が大事     に関して。

      意味がわかりません。なんですか?最初の1歩って?

      【事実6】
      東京区民が東京市がなくなり、損をしているとはまったく聞いたことがない。本当なら東京区民間や東京区長から東京市に戻す運動などあるはず。  に関して。

      検討してますよ。「公益財団法人 特別区協議会」だったかな。区長とか区議会議長が名を連ねるちゃんとした団体です。

      • >>検討してますよ。「公益財団法人 特別区協議会」だったかな。区長とか区議会議長が名を連ねるちゃんとした団体です。

        検討をしてるのですか?

        その後、東京都の特別区民間の中で、大勢の意見になったり、政治家の中で【東京府と東京市に戻す】を選挙公約に掲げている方はいらっしゃいますか?

        大勢に支持があるのなら、出てきそうですが・・・

        • > その後、東京都の特別区民間の中で、大勢の意見になったり、政治家の中で【東京府と東京市に戻す】を選挙公約に掲げている方はいらっしゃいますか?

          だから、そうならない理由は【事実7】で書かれていますよ。
          自分が都合よく回答できるところだけ局所的にピックアップして回答しないように。

  14. 【事実4】流出した2200億円の多くが,大阪市「外」に使われます.

    果たして本当にそうでしょうか?
    大阪府の核となるのが特別区なわけでして、特別区の衰退は大阪府の衰退と同義です。
    これまで以上に特別区(現大阪市)への投資が増える可能性があるのもまた事実だと思うのですが、いかがお考えでしょうか?

    そもそも「お金が外に流れる」と表現されていますが、大阪市民は大阪府を「外」だとは思っていませんよ。あくまでも大阪府と張り合っていたのは大阪市政だけです。

    • 伊東氏の論理が正しければ、大阪市民だけの選挙では無く、
      大阪府民も選挙に参加しなければならない。

    • 私はうまれてからずっと大阪市民ですが、
      大阪府は「外」ですよ。
      大阪市は基本、大阪市でやってきましたから。

      府のサービスだと感じるのは、公立高校と府立体育館くらいですよ。
      といっても、公立高校は府立と市立が重複してるわけじゃないし。

    • 大阪市の昼間人口が夜間人口よりも高いことは皆さんわかってますよね。
      他都市から仕事のためたくさんの方が大阪市に働きに来て、それぞれ住民税は住んでいる自治体に払ってます。でも、大阪市民税を使って、ごみ焼却工場や地下鉄をはじめとしてハード面、ソフト面にわたって自治体サービス業務を行っているのです。
      だから、大阪都構想が実現して、大阪市民が他都市から働きに来ていらっしゃる方々のために自分たちの税金をこれまで以上に使うことになってもいいのか、自分達への市民サービスが低下してもいいのか、それを決める投票ですから、大阪市民のみが投票するべきです。

  15. ↑疑問に対し立証責任を負うのは提案者
    橋下さんの支持者はこの辺の社会常識がおかしい。
    一体何の職業なんだろうか?一般社会では提案する側が懐疑する顧客に
    丁寧に答えますけどね。殿様商売をされてる方なのでしょうか?(笑)
    その説明をきちんとすべきなのは維新であり、橋下さんでしょう?
    当事者が言わないで結果責任をどう問うんですか?

    • 藤井さんに全く2,200億円が大阪市外に使われる根拠を示していただきたい

      • これを書いたのは私じゃないよ。だが推察するに
        根拠は政令市誕生の歴史だとしか思われませんね。
        本来の設計では大阪市は特別市となり
        府側にいく財源はもっと少なくなるはずでした。
        それを阻止した政治の力学の結果誕生したのが
        政令指定都市です。
        むしろ絶対設計通りいくという根拠を示せる方は
        神以外はいないのでは。
        おっとホーリーなものを畏れる方々にこれをいっちゃいけない。自分が神なんに神がいたら怖いですもんね。

    • 貴方が誰に対して発しているのかは存じませんが(返信機能を使用されていない為)私に矢印がささってますので一応w

      >一般社会では提案する側が懐疑する顧客に丁寧に答えます
      大阪維新の会は毎週大阪の各地でタウンミーティングをされていますし、その度に市民からの質問を受け付け、その全てに答えていますよ。
      マスコミが一切報じていないので、「外」の人は知りもしないでしょうけど・・・。
      そんな「外」の人が直接橋下市長に疑問や質問を投げかけるわけでもなく、影で一方的に市民の不安を煽るような発言を繰り返しているのが実情です。
      タウンミーティングについては、ニコ生でその様子がリアルタイム配信されていますので、機会があれば一度ご覧ください。

      さて、貴方は「支持者はおかしい」と仰っていますが、
      この記事に対して支持者が意見をするのはそんなにおかしなことでしょうか・・・?

      • やり方、言い方、議論の持って生き方がおかしいと言っているのであって、橋下さんの支持者だからおかしいとは言ってないように見えます。

        相手の話を捻じ曲げて解釈しない方が良いと思います。

      • 一般論としてですね
        質問に質問で応じる態度はかなりおかしいですね。
        一般社会では考えられない態度です。
        藤井教授の指摘は大阪における
        政令市の誕生の歴史を知っていれば
        十二分に理解できるはずです。
        憲法の根拠である歴史以上の根拠がありますかね?
        何もかも設計通りいくならとっくに大阪市は特別市になってます。貴方方に大阪都以後の5年10年後どうなるか保証できますかね?無理ですね。危機は進んで管理しましょう。全て一般論です。

      • 法の支配と民主制や議会を軽視し、口で暴力を振るう貴方方に偉そうに言われる筋合いはない。まず文明人になってから出直してきなさい。教育の失敗策を自覚してね。以上、野蛮人への正当防衛でした。

      • 橋下さんは設計図を作らせてください!と大騒ぎしてたけど、いざ出来上がってみたら、タウンミーティングでは、「皆さん!飛行機に乗って移動するのに、皆さんは飛行機の設計図や構造の勉強をいちいちしますか?そんなことはしませんよね。飛行機に乗って移動して、行きたい所に行ければそれでいい。飛行機が何故飛ぶのか、そんなことはわからなくてもいいんです。この大阪都構想も同じです。設計図は、専門家でもなかなか理解できない非常に難しい内容なんです。でもはっきりわかってるのは、大阪都構想が実現すれば、皆さんの生活にはメリットがたくさんある。このことがわかっていれば、それでいいんです。」と話してました。
        大阪市民をバカにしないでちゃんと説明してください。
        なんのためにあれだけ騒いで設計図を作ったんですか?
        ていうか、そもそも大阪都構想を言い出した時から、設計図がある程度頭の中にあったはずです。
        それでメリットがたくさんあると自信があったからマスコミにも演説でもテレビ番組でも大阪都構想をやりきると言ってたんでしょ?
        なんか公開討論とかもよくしたがるけど、橋下さんはディベートの達人だから自信があるんでしょう。
        でも、それなら在特会との公開討論を、市役所の中で、自分の部下をたくさん引き連れて、でも相手が意外と普通に話し合う姿勢だとわかった途端、暴言を吐いて相手を怒らせて、周囲の部下達に仲裁させて逃げる。あれはいただけない。
        やたら自分がタレント時代に出てた番組に出て喋りまくって止められる。
        あれじゃあね。
        どこかに一騎当千のって三国志の英傑並みの賛辞が書いてありましたが、ディベートって、黒を白と強弁する技術ですよ。その達人だから、いい政治家とは限らないでしょ。
        逆に詐欺師やオウム真理教の上祐を彷彿とさせます。
        公開討論なら、二人きりで、シンパのいないとこでやらないと。
        橋下さんが公開討論の条件をどういうもので申し込まれるのか、その文書を見て判断しますと藤井さんも最初から言ってたじゃないですか。
        それを逃げたと騒いだり、大阪市民の不安を煽るような事を言うなとか、橋下さんのシンパって言葉使いからして、もしかして維新の会の議員の人達ですか?

  16. 協定書(案)っていうのは、下↓のページの「資料2」っていう670ページ以上のやつですかね。
    http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaikakushitsu/page/0000294631.html

    ボリュームで圧倒されます。
    弁護士さんはしばしばいいます。「よく分からない書類にハンコ押してはいけません!」
    つまり、よく分からない協定書に「yes」をしちゃいけません。

    さて、ボリュームに圧倒されつつも、ちょっと見るとお粗末な点が目立つ。
    ●冒頭、いきなり「特別区の設置の日」とかいう事務的事項から始まってる。
    (↑目的・趣旨・理念とか無いのね・・・)
    こういうのってイチャモンじゃなくて、「目的・趣旨・理念」が凡そ共有されていれば、予期せぬ事態に臨機応変対応が可能だけど、事務マニュアルみたいな協定書だけだと、予期せぬリスクに対して「強靭さが全く無い」。

    ●13ページ:既発債の少なくとも一部は府に付け回すとのこと。現大阪市以外の大阪府民(=5月の投票権が無い)に対して、こんなことしていいのかしら?

  17. ”これは大阪市民一人あたりにすると,年間約8万円.つまり,都構想が実現すると,現在の大阪市民は,一人あたり年間8万円ものおカネの使い道を,自分で決められなくなってしまうのです.”

    上記の一文、予算の使い道を決めるのは個々の市民ではなく行政ではないのですか?一市民に勝手に予算の使途を決定できる権能はないはずですが。
    むしろこの場合市民ではなく、市民の代表である行政の議員数または職員数で割るほうが正しいのでは?

    上記は国債における政府の借金を国民一人当たりで無理やり割ろうとする、危機感を煽るロジックに似ています。

    以前の大阪市議員・職員がこれら予算を配分後、どのように利用していたかも比較として説明に盛り込んでいれば説得力はあったと思います。

    また配分を府にゆだねることで行政の健全化にもつながるという考えはありませんか?これまで市が持つにはこれらの予算は過ぎた金額ではなかったのですか?疑問点失礼しました。

  18. 質問です。もし東京都の3割の人口(400万人)規模にあたる 太田区+品川区+目黒区+港区+渋谷区+新宿区+千代田区+中央区+江東区+墨田区+台東区+文京区+豊島区+荒川区 だけが統合して東京市という状況だった場合、二重行政による弊害は生じると思いますか?

  19. 都構想について誤った情報を流している藤井聡氏に抗議および公開討論を申し込む、と橋下市長が記者会見で述べました。

    長らく反都構想を主張してきた藤井氏においては、論客の橋下市長におそれることなく、逃げることなく、正々堂々と論戦していただきたい。

    もし藤井氏が公開討論から逃げたとすれば、藤井氏は単なるデマゴーグだったのだと認定せざるを得ません。

    • 時間無制限で途中に言い逃げしないことが条件だと藤井氏は前から言っていますね。

      橋下氏は櫻井氏との対話でもそうですが、自分の都合の良い方向に持っていくずるがしこさがあります。

      やるなら公平な場で、橋下氏が逃げないことを条件にすべきですね。

    • あんたらのは討論ではなく口喧嘩にすぎない。
      議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
      民主的なプロセスや法を軽視している
      貴方方は何のために人と話すのか?
      目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
      自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
      ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

  20. 疑問を陰口でコソコソ言うのは卑怯者。
    直接議会で質問もしない議員に問題があり、市民に説明することもできず、内閣参与ともあろう者が無責任にこんなWebサイトでコソコソと陰口叩いているから答えようが無い。

    橋下さんは維新の党から藤井内閣参与に対し公開討論するよう申し入れたから、堂々と出てきたら?

    • こそこそツイッターで中野剛志氏などの悪口を書いていたのはどこのどなたでしょうか?

    • あんたらのは討論ではなく口喧嘩=暴力にすぎない。
      議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
      民主的なプロセスや法を軽視している
      貴方方は何のために人と話すのか?
      目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
      自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
      ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

  21. 現状では大阪市民が納税した2200億円は大阪市に使われているが、大阪都構想によってその財源が大阪府全体のものになる。
    その財源を仮に府民全体に公平に分配するすれば、結果として大阪市に使われる財源は(格差を無視して人口比で考えても3割の660億円に)減ってしまう。
    つまり大阪市の予算は減り、大阪府の予算が増える。
    増えた予算の使い道は・・・

  22. 現状では大阪市民が納税した2200億円は大阪市に使われているが、大阪都構想によってその財源が大阪府全体のものになる。
    その財源を府民全体に分配すれば、結果として大阪市に使われる財源は(人口比で考えれば3割の660億円、格差を考えればそれ以下に)減ってしまう。
    つまり大阪市の予算は減り、大阪府の予算が増える。
    増えた大阪府予算の使い道は・・・

  23. その7項目の指摘はすでに橋下市長が何度も反論していることですね。都構想について勉強している身としては特に目新しいものでは無いです。

    そして維新の党としてこのようなデマに対し抗議と公開討論会の申し入れを行ったと橋下市長の会見で明らかになりました。

    当然、受けて頂けますよね?二月中の実施を目指してるとこことでした。

    • でも、上記の例でも分かるように、まともな反論が出てないじゃないですか。

      なぜ公開討論を申し込む前に、以前藤井氏と文章で議論、討論した飯田氏のように反論して見せないのでしょうか?
      そうすればさらに藤井氏から反論があり建設的な議論ができるでしょう。

      まともな反論をせずに、公開討論の場に引きづり出そうとする目的はなんでしょうかね?
      櫻井氏との対話のときのようなばかげたことを狙っているんじゃないでしょうね?
      その辺の疑問を払しょくして、どのような公開討論の場にするのか具体的に提示した方がいいのでは?
      あなたにその権限はないでしょうが、逃げないように時間無制限で徹底的にやることが、以前からの藤井氏の提示している条件ですよ。

    • あんたらのは討論ではなく口喧嘩=暴力にすぎない。
      議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
      民主的なプロセスや法を軽視している
      貴方方は何のために人と話すのか?
      目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
      自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
      ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

  24. 【事実4】流出した2200億円の多くが,大阪市「外」に使われます.

    そうかも知れませんが大阪市民一人当たりの借金は都民全体で背負うのだから借金は軽減されるのではないですか?この点についても是非加筆していただくようお願いします。

    • 借金といわれますが、起債残高のことだと思われますので、説明しますと、

      起債とは「借金」などといわれますが、実際は世代間の公平を担保するために、実施される「借金」です。

      つまり、ハコモノは現世代だけが使用するわけではなく、将来世代も使用するものだから、その建設費について先に借金して建設し、将来世代の税金をその償還にあてていこうというものです。

      ま、借金といわれればそれまでですが、受益者負担の考え方による制度と思ってください。

      この起債償還は年限が決められており、おおむね25年償還が多いです。

      その返済については毎年、借金返済のための資金を公債償還基金につみたてていき、満期がくればそこから取り崩して一括で償還するというものです。
      住宅ローンに例えれば、住宅ローンを毎月返済しますが、それを返済ではなく、積み立てておき、期限が来れば一括でそこから返済すると考えればわかりやすいでしょう。

      本来は特定目的に起債を発行すればその償還原資はその償還のためだけに積み立てられるものであり、多目的への流用(他の償還への充当)はやってはだめなのですが、大阪府はそのタブーを破り、他の償還にあてています。(つまり、住宅ローンの返済原資をおろして家計に当ててしまっている状態となっています)

      ちまたでは3年後くらいにはそれが発覚し、財政再建団体に転落するといわれています。

      それを隠しつつ、実塚羅たちが儲かる仕組みを作り上げるために都構想なるものを打ち出したといわれています。

      早く言えば詐欺集団といえるでしょう。

      維新にはだまされてはいけません! 住民投票で×を突きつけて、追い払う必要があります!

  25. 藤井聡氏が都構想について誤った情報を流しているとして、橋下大阪市長は藤井氏に対して抗議および公開討論の申し入れを宣言しました。

    長らく反都構想活動をおこなってきた藤井氏にとって、命がけで都構想を推進している橋下市長との公開討論は願ってもないチャンスではないでしょうか。

    なぜなら、ここで橋下市長を完膚なきまでに論破できれば、当然、在阪メディアが大々的に報道します。そうすると住民投票で都構想否決へともっていけるかもしれないからです。

    藤井氏においては、一騎当千の強者論客である橋下市長におそれることなく、くだらない言い訳などして逃げることなく、正々堂々と論戦していただきたいですね。

    もし、藤井氏が公開討論から逃げたとすれば、それは藤井氏がデマゴーグしていたと認定せざるを得ないでしょう。

    • 公開討論様

      橋下さん全面支持なのはわかりますが、
      「一騎当千の強者論客である橋下市長」
      「命がけで都構想を推進している橋下市長」
      といった表現は噴飯ものです。

      橋下信奉者であっても、権力者は冷静な目で見ることを覚えた方がいいですよ。
      なぜか、橋下信奉者の方は、同じような表現を使われるんですよねぇ。。。。

      • 橋下市長が強者論客であることは誰もが認める事実です。弁護士である橋下市長は当然弁がたちます。テレビ番組では学者やコメンテーターを数々論破している実績があります。youtubeなどで「橋下論破」で検索してみてください。

        都構想を命がけで推進しているのも事実です。実際、殺害予告や家族に危害を与えるといった脅迫文書が数多く橋下市長のもとによせられています。W選での会見で語っています。

        何も知らずに稚拙な批判をするのはやめていただきたいですね。

        • そういう態度が、周りから信用を失う原因なんですよ。
          橋下さんのためにもそのような応援の仕方は改められた方がよろしいかと思います。

          • 論を立てることできないからといって、人格攻撃するような人間からの信頼など唾棄すべきものと考えています。

            感情論ではなく、論理的に批判してほしいものです。

        • 橋下さんもそうだが
          あんたらのは討論ではなく口喧嘩=暴力にすぎない。
          議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
          民主的なプロセスや法を軽視している
          貴方方は何のために人と話すのか?
          目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
          自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
          ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

          • 的外れで意味不明なコメントの絨毯爆撃こそ鼻で笑われる行為ですよ。

    • あんたらのは討論ではなく口喧嘩=暴力にすぎない。
      議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
      民主的なプロセスや法を軽視している
      貴方方は何のために人と話すのか?
      目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
      自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
      ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

  26. 橋下大阪市長から公開討論を申し込まれましたが、もちろん、受けますよね。
    公開討論の場で、橋下大阪市長をぎゃふんと言わせてください。
    公開討論、がんばってください!

    • あんたらのは討論ではなく口喧嘩=暴力にすぎない。
      議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
      民主的なプロセスや法を軽視している
      貴方方は何のために人と話すのか?
      目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
      自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
      ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

  27. 三橋さんのことになりますが、売国奴に告ぐを出した頃、TV番組で橋下さんへの批判について質問された際、具体的な批判は何も発言せず何とおとなしかった事か。
    挙句に売国奴ってタイトルは編集側が決めた事で自分の意思ではない云々(笑)。
    橋下さん批判の人って大谷さんとかこんなのばっかり・・・・・。
    片や誰の挑戦でも受ける!片や本人不在の時だけ威勢がいい。
    藤井氏も含め堂々と公開討論に応じなきゃ説得力ありませんよ。

    • あんたらのは討論ではなく口喧嘩=暴力にすぎない。
      議論とはとどのつまり法たる正義を明らかにするもの
      民主的なプロセスや法を軽視している
      貴方方は何のために人と話すのか?
      目的を見失った只の口喧嘩でしょう。
      自分の使ってる言葉の定義も理解できない人は
      ホーリーな密度の濃い議論の世界では鼻で笑われますよ。

  28. 藤井聡先生、ぜひ公開討論にて、橋下市長をコテンパンにやりこめてください。
    橋下市長に対して藤井先生と西田先生が、日ごろから、権力欲と私欲の塊である最低の男であるといういつもの発言を本人に知らしめてください。
    ただ、先生は挑戦状を受けて、私は賛成でも反対でもありませんと発言されておりました。
    この発言は少々がっかりいたしました。
    ぜひ、公開討論ではいつものように歯切れよく徹底的に橋下市長を糾弾し、
    また、大阪都構想の稚拙な構想を先生のたぐいまれなすばらしい理論にて
    粉砕してください。
    期待しております。

  29. 都構想でもいいし他の方法でもいい、藤井さんは大阪が戦前のように栄えるにはどうしたらええと考えたはるん?

    俺は東京の事業税倍ほどに上げて一極集中で持っていかれた企業に帰ってきてもらうしかないと思うけど

  30. 僕は大阪市住吉区に住む都構想賛成派ですが、なかなか反対派の方々の「ちゃんとした」意見を聞くことができず、ほとんどがヒステリックな橋下批判と暴言ばかりでがっかりしていました。
    橋下さんも暴言多いですが…
    三橋さんのこのページは偶然見つけましたが、もし公開討論会があるならすごく楽しみです。
    正直7項目の中で首をかしげる項目もいくつもあるのでもっとちゃんと聞いてみたい。
    もっと反対派の人の意見もじっくり聞いて自分なりの考えてを整理してみたいと思います。

    • 都構想反対派のものです。

      反対する理由を端的に記載しますと

      都構想とは、市民の財源・権限を合法的に奪おうとする詐欺行為に過ぎないということです。

      実際にこれまで東京23区の中では、市民に権限・財源を返せという運動をしてきています。
      例えば元維新の山田宏氏(次世代に移り、落選)は杉並区長時代にその活動をしていました。

      なぜ市に戻れないか、またはそこまで強力な運動になっていないのかは、東京というもともと財源の潤沢な地域ですから、その豊富な財源の中から一応の財源配分が行われているためです。
      (東京に政令市があれば、本来は政令市に入る潤沢な資金を、東京都が上前をはねて各区に配っているだけなんですが・・・)

      しかし、大阪ではそうはいきません。財源のパイが圧倒的に少ないため、特別区に分割され、さらに全体の金額の3割以上も大阪府に持っていかれると、特別区では通常の行政がまったく回らない状態に陥るでしょう。

      例えば都構想の協定書でも、議員数は現状のままだとかいうとんでもない絵姿になっていますが、特別区になれば議員はもっと増えざるを得ないでしょう。
      東京特別区の議員数を見てみてください。人口が10万人程度と、大阪で想定されている特別区よりも断然少ない区でも30人以上はいます。
      (ボランティアでやれと言う意見もありますが、誰が好き好んでそんなことをすると思われますか??)

      また、大阪市の借金も都にもっていって都が支払うということを言っておられる方もいますが、当然その財源も市から持っていくことになっています。

      橋下はよく、特別区になれば権限が与えられ、よりよい市民生活が送れるようになると言いますが、実際は権限は確かに多少は拡充されるのでしょうが、それを実現する財源が大幅に足りなくなることは目に見えています。
      そこの議論になると、橋下はとたんに「どの事業をやって、どれを見直すのかは新区長が決める」と責任放棄しています。

      橋下はその辺りもすべて計算し、「あえて内容を説明しない」ようにしているんですよ。
      とにかく「タウンミーティングをやった」と、回数だけを喧伝するんでしょうね。大事なことは何も説明せずに。

      とにかく大阪市民にかかる行政サービスは大幅に低下することは間違いないですので、そのあたりをわかった上で投票する必要があります。

      万が一、都になったとしても、すぐに問題はばれないでしょう。
      5年後、10年後になって「だまされた」と気づくことになるんでしょうが、その時には橋下や松井らは、カジノの顧問やら土建業者の顧問として莫大な顧問料をもらって悠々自適な生活を「大阪ではないどこか」で過ごしていることになるんでしょうね・・・

      今しかそれを阻止することはできないんですよ。

  31. 藤井氏を公開討論の場に引きづり出したいという、橋下氏側の意図がわかる書き込みの数々w

    公開討論でやる前に、具体的に文章で反論すべきではないでしょうか?

    なぜそれをやらずにまずは口汚くののしり、そして公開討論の場に引きづり出そうとするのか非常に疑問を感じます。

    橋下氏は反論があるなら真摯に、そして冷静に反論なさったらよろしいかと思います。

    そうすれば自然と議論が始まり、いずれ公開討論というのもあり得るでしょう。

    しかし、現時点ではパフォーマンスとしての公開討論にしたいのでしょう。
    大阪の未来がかかった大事な話であれば、まずは冷静に、公開討論の前提となる、具体的な反論を文章でなさるべきでしょう。
    それが橋下氏がまず第一になさるべきことだと思います。

  32. ABCテレビ「TV正義の味方」 で 橋下との公開討論の話をふられると藤井聡氏は「僕は(都構想に)賛成も反対もなく、参与の立場も置いといて、 学者の立場として、文字通り見方をご説明しようと思いまして」と言い訳して白旗宣言。藤井氏は公開討論はやりたくないようだ。

    おいおい、藤井氏よ、このページには
    「From 藤井聡@京都大学大学院教授&内閣官房参与」と書いてあるだろ。
    何が「参与の立場も置いといて」だ。ならばこのページの参与の部分をさっさと消したまえ。

    維新や橋下に対してこれまでさんざん批判し、なおかつ反維新反都構想グループ「府民の力」に参加しておいて、よく平気な顔して「僕は(都構想に)賛成も反対もなく」と言えたものだ。恥ずかしくないのか。

    橋下におののきしっぽまいて逃げるなら、最初から的外れでくだらない批判なんてしなければいい。みっともない。

    • 何が議論が定義もわかってない
      暴徒と議論する冷静な学者はいないよ。
      無視という暴力がおつらいなら法と民主制を尊重する
      文明人としての態度を持ちなさい。非礼すぎるのだよ君らは。
      議論には議論で、暴力には暴力で返すそれが文明人。
      議論したきゃ暴力でなく、口を使ったぎろんの仕方をマスター
      してきてください。

      • これまでに藤井氏はネット動画で橋下氏について「ヘドロチック」「絶対にツレ(友達)なったらアカン」「腐る最先端」などと発言。

        これこそまさに言葉の暴力であり、藤井氏こそ暴徒。

  33. 公開討論の話は、正義のミカタの東野が、またよかったら出演してくださいと気軽にメールしたのがきっかけらしい。ほんこんが、それを聞いて「自分がそんな余計なことメールするから、おれに橋下から番組で公開討論することになったら、ほんこんさんからも援護射撃お願いしますってメール来たんや!」と怒ってました。
    タレントに援護射撃お願いしますって、自信ないわけ?
    宝くじの収益金の配分も大阪市民が損するようになったし、昼間人口が多いのに、なんで大阪市民が負担しないといけないんですか?
    なんか市民税払うのがバカらしくなってきました。

    • 橋下がほんこんに対して援護射撃してくれと依頼した事実はない。事実誤認。人の話はちゃんと聞きましょう。

      藤井氏に対して橋下が公開討論を求めた報道を知った東野が、Twitterで橋下に対し「公開討論しに番組来て下さい」と依頼。

      それを見た橋下及び東野のTwitterフォロワーがほんこんに対して「ほんこんさんも公開討論が実現するよう援護射撃してください」とお願いした。

      よって橋下がほんこんに対して援護射撃してくれと依頼した事実はない。

      勘違いして批判するのはみっともないですよ。

      • そうですか。それは失礼しました。
        でも、橋下さんのシンパの方は変わってますよね。関西の芸人に援護射撃をお願いするなんて。
        普通は番組に直接依頼をするものでしょ。やっぱり橋下さんがタレントと仲良しだというところに非常に魅力を感じてるんですね。
        まあ、ハイヒールとか、辛抱アナとか、タレントに分類される人の番組に出て、おべんちゃら言われて、反対意見を言われないメンバーの中で安心して延々喋りすぎて、よく止められてますもんね。
        NHKの日曜討論のような番組では誰にも特別扱いされなくて発言時間も公平なので不服そうな顔をしてるから、タレントが司会の番組だと橋下さんの独壇場になって嬉しいから、シンパの皆さんもほんこんにまで援護射撃をお願いするんだと、改めて政治家というより、タレントとして応援してるみたいだなと感じました。
        でも、市長としての仕事も給料分働いて欲しいですね。市民の税金から出てるんですから。ちょっとあちこち維新の会の活動のために休みすぎだと思いますよ。
        僕は公人だからいいんだと言いそうですが、時間給に換算したらきっと凄く高いですよ。
        それだけでも無駄の削除から外れた行動だと思います。

  34. 非常に暗澹たる気持ちです。なぜなら彼ら結果を早く出したい構造改革論者はある種イデオロギーに染まりきっており、その意見を決して変えようとはしないからであります。彼らは排外的です。尊い議論は敵いません。人目の有る場で社会的に敵を殺そうとします。これは全体主義が背景にあると思います。

    もし討論になった場合
    ・あなたは大阪の現状を知らない。大阪の事情は特別なんです。知ってますか?現行の法律では……→だから仕組みを変えなければいけない。
    ・だったら具体案を出してくださいよ。
    何を言ってもこの眠気を誘う繰り返しを呟かれることになると思います。
    仮説、論証の根拠の正確さにおいて、これに反論することは難しいと推測します。反論するとするならば、”都構想”という結論導出の関連性に弱点があると思います。

    私は討論という名の口喧嘩に組して欲しくありません。彼が欲しいのは、敵に勝ったぞ!という選挙を前にしたアピールであり、そこに国を思う気持ちを挟む余地がないからです。彼は大阪の長であり、情報の多くを握っています。具体例を早口でまくし立て、敵が言葉を少しでも詰まらせれば勝利の雄叫びを挙げます。義の無い人間に対しては、相手にしないことが一番です。

    • 大変失礼な話ですね!
      尊い議論は全体主義イデオロギーに敵わないですって?
      それはつまり、藤井先生が討論の場で橋下市長に負けるってことですか?

      内閣参与というお立場で京都大学の教授でもある藤井先生を見くびらないで下さい!
      橋下氏の討論スキルも全体主義的風潮も、藤井先生による、具体的な都構想についての問題点指摘(=尊い議論)が吹っ飛ばしてくれますよ!

      あと、義のない人間は相手にしないことが一番ですって?
      とんでもない!
      義のない人間は徹底的に潰してやらないといけないでしょう!
      放っておいたらどんどん増殖しますよ?
      しっかりアクションを打たないと!

      それに、ここからが一番重要なポイントなんですが、
      正直勝ち負けなんてどうでもいいんです。
      議論を通じて視聴者の都構想に対する問題意識が深まって、都構想についてキチンと判断出来る有権者が増えればそれでいいんですよ。

      藤井先生は、大阪がよくなるように、と日々精進しておられる公の鑑みたいな方なんですよ?
      決して、自分自身の立場を優先して公を無視されるような器量の小さい方ではありません!

      藤井先生、このような先生を貶めるようなコメントにも負けず是非頑張って下さい!

  35. 藤井先生!橋下氏から公開討論申し込まれましたね!
    大変おめでとうございます!!

    これで藤井先生が常々思ってらっしゃることを堂々と本人に
    伝えることが出来ますね!
    是非とも橋下氏が参ったと言うまでやっちゃってください!(^^)

    ですが藤井先生は学者であり、公の提言者ですので、
    ご自身の勝ち負けなんてどうでもいいんですよね?

    議論を通じて視聴者にキチンと真実を伝えるキッカケが
    増えればいい、と思われてるんですよね?

    さすがです! やはり公の提言者は違いますね(^^)!
    一大阪人として嬉しい限りです!

    今後益々の活躍を期待させて頂きます!

  36. 部分最適と全体最適の話で、大阪市を全体と捉えるならば現状でOK。大阪府を全体と捉えるならば、広域行政における重なった権限は非効率なので都構想が効率的。

    昨今の少子高齢化&東京一極集中を考えると、大阪市だけを全体と捉えて成長、発展させていくことは非常に困難であるため、もう少し規模を広げて大きな予算のスケールで効率的に考えていかないと今の時代は乗り切れないのではと思う。

    個別の事業を見て市の税金が市外に使われるということは起こりうると思うが、結果的に大阪府域が発展・成長すれば、その中心地である現大阪市内の価値は上がり、間接的な恩恵は受けられるはず。

    また、市外に使われる可能性があるのは広域行政の部分であり、住民に身近な医療・福祉・教育の予算は確保されることになっているため、それ自体は問題ではない。

    最終的には都知事が未来的視点・都市経営的な視点で大阪府域を発展させられるかどうかというところに依存すると思うが、現状の非効率な状況を見てもどかしい思いをするよりは、チャレンジして大きく大阪府域を発展させて欲しい。

    よって私は都構想賛成。

    藤井氏の指摘はある部分で正しいと思うが、視点が偏っているように思える。この点で学者・内閣参与としての意見として十分かどうかという点で疑問

    • 大阪市が広域行政に手を出してなんていわれていますが、あくまでも市税の中から捻出して「やってあげている」状態に過ぎません。

      大阪市民は市民税、府民税を支払っており、広域投資に必要な税金は大阪府に十分に入っているはずなんですよね。

      その中で住民自治のための市民税に中から広域に資することにも「協力して」やっているに過ぎないんですよ。

      それを、どこかのトンマが、市民税から広域行政にかける税金を取り上げる!なんていって都構想の名の下財源・権限を取り上げようとしているだけなんですよ。

      大阪市は関西圏の母都市ですから、周辺の発展もすなわち大阪の発展につながるということで少ない財源から捻出して広域発展の支援をしていたのに、母屋の財布に手を突っ込まれるいわれはないんですがね・・・

      二重行政云々ってのは維新(橋下、松井ら)による「いいがかり」のネタなだけであって、実際は二重行政なんてほとんどないんですがね・・・

      これは維新顧問の上山ですらそう言っていますから。

      諸外国を見ても、都市の発展って普通はCITYの発展なんですがね・・・

      そして、その発展の中には市民の英知なり心意気が生きててこそ魅力的な都市と存在していけるわけで、東京都のようなお上が作った街に魅力は出ませんよ。
      金をかけてハコモノ作ればいい街ができるわけではないでしょうね・・

      • 「やってあげている」とか「取り上げられる」という表現で気になったのですが、そもそも大阪市民と大阪市外の府民の方の間には大きな隔たりやプライドのぶつかり合いがあるんですかね?

        仮に財源・権限が府の方に移ったとしても、同じ大阪府域の人間が、現状の大阪市の歴史や魅力を無視した政策をやるわけがないと思い込んでいましたが、そうでないとすると反対派の意見も理解できます。

        ただそう考えると、このようなプライドのぶつかり合いが原因で、住民投票が否決され、その後も府と市が完全に連携できない状態になるとこれ以上の大阪の発展は望めないと思います。

        • 自分のふるさとが有名になったり、先進的であったりしたらうれしいとか、そういう気持ちはあるでしょうが、別に隔たりってことはないんじゃないですかね?

          例えばうちは町会の役員やってたりしますが、他の地域よりきれいな町並みであったり、誇れる施設とかあったらうれしいですよね。それくらいでしょうか。

          大阪城だって、市民の寄付で立てられたくらいですし、御堂筋だって近隣住民がセットバックして土地出し合って生まれたり、町衆の心意気が生きてるっていう意味で誇りはもってますよね。

          本来は奪われる由のない、町衆の財源を奪っておいて、大阪市内にも投資しますからっていうのとは訳が違うと思います。

          都になれば住民の意見を聞かずにどんどん公共投資できるようになりますから。
          住民とは離れたものになっていくんでしょうね。
          少なくとも今なら住民の意見を反映した街づくりをやってもらえますから。

          東京都の小平市で最近そういう開発で問題になっていますよ。

          そもそも発展って何?っていうところが根本の問題かなとは思いますね。

          例えば世界の憧れと言われるパリって発展してると思われますか?
          はたまたニューヨークは?ロンドンは?上海は?

          街って、そこに住んできる人の息吹があって、歴史があり、その上に都市格が乗ってくるもんだと思います。

          ちなみに、世に有名なシャンゼリゼ通りよりも、御堂筋のほうが格があり、経済的価値も高いという評価があるほどです。

          なぜでしょうかね?わかります?

          • 私の問題意識は、「そもそも発展って何?」というところ以前に、これからの超高齢化&東京一極集中の時代において、現状のままの大阪市では人口減少&経済衰退は間違いないと思っています。そんな状態では社会保障・医療費ばかり増大し、街づくりにお金が回らなくなり、完全に負のスパイラルに陥ります。

            大阪都構想でそれが解決するかというとそれでもまだ第一歩と思っています。最終的には道州制のような形で、関西州というくくりの中に、経済と文化の大阪と歴史の京都奈良が存在する世界に誇れる都市になり得るのではと思います。このような形で人口と経済を保ちつつ、その上で各地域に合わせた街づくりはされるべきと考えます。

            街づくりの理想は理解できますが、この高齢化&人口減少時代を迎えてどのように対応するのでしょうか?

  37. みなさん、大阪は借金漬けだといわれますが、はたしてそうなのか、記載しておきます。
    よく借金といわれますが、起債残高のことだと思われますので、説明しますと、

    起債とは「借金」などといわれますが、実際は世代間の公平を担保するために、実施されるものです。

    つまり、ハコモノは現世代だけが使用するわけではなく、将来世代も使用するものだから、その建設費について先に借金して建設し、将来世代の税金をその償還にあてていこうというものです。

    ま、借金といわれればそれまでですが、受益者負担の考え方による制度と思ってください。

    この起債償還は年限が決められており、おおむね25年償還が多いです。

    その返済については毎年、借金返済のための資金を公債償還基金につみたてていき、満期がくればそこから取り崩して一括で償還するというものです。
    住宅ローンに例えれば、住宅ローンを毎月返済しますが、それを返済ではなく、積み立てておき、期限が来れば一括でそこから返済すると考えればわかりやすいでしょう。(銀行団との契約なので、繰上げ返済等はなされません)

    本来は特定目的に起債を発行すればその償還原資はその償還のためだけに積み立てられるものであり、多目的への流用(他の償還への充当)はやってはだめなのですが、大阪府はそのタブーを破り、他の償還にあてています。(つまり、住宅ローンの返済原資をおろして家計に当ててしまっている状態となっています)

    ちまたでは3年後くらいにはそれが発覚し、財政再建団体に転落するといわれています。

    それを隠しつつかつ、土木利権を手にし、自分たち(維新の松井や橋下ら)が儲かる仕組みを作り上げるために都構想なるものを打ち出したといわれています。
    大阪府にとってもおいしい話ですし、維新にもおいしいので、両者が手を組んだという状態でしょう。

    早く言えば詐欺集団といえるでしょう。

    都構想なるまやかしにはだまされてはいけません! 住民投票で×を突きつけてましょう!

    • 賛成です。
      橋下さんの改革案が正しいなら、現時点ですでに大阪市民が賛辞を惜しまないような成果が出てるはずです。

      でも私が見る限り、得意気に提案した肝いりの改善策、例えば区長や校長の公募もスキャンダルや無責任に辞職者が多発してボツ、中学校の給食もまずくて7割の子供たちが食べ残して食品廃棄物になってしまってボツ、お友達の堺屋太一の考えた道頓堀プールも結局頓挫、大阪市外から来ている人がよく使う地下鉄の区間は料金下げたけど、市民がよく使う区間は値上げするんだし、バスは本数が減って、一時間に1台か2台しかない有り様。ここは田舎か?
      民間にできることは民間にを声高に叫んでるけど、安く仕事を落札するようなところばかりだから、個人情報を流出したりと、不安要素ばかりです。

      市民として、何も良いことしてもらったためしがないですよ。
      万が一何かメリットがあったとしても、これまでのデメリットの方がはるかに上回ってます。くだらない選挙に税金をジャブジャブ使うし。

      てことは、あの人が執念を燃やす大阪都構想も、私たち大阪市民にデメリットがあってもメリットは全然ないでしょう。それくらい予想つくでしょ。

      しかも住民投票って、「有権者の半分以上」じゃなくて、「投票数の半分」を超えればいいだけといいいだけという、おそろしくハードルの低いもの。

      簡単に「大阪都構想が市民に支持された❗」という結果につながりかねないので、「俺の意見を黙って丸飲みしろ」と大阪市民をバカにしている、豊中市民の無責任ミーハー市長のいいなりになるのをよしとしない心あるみなさんは、人気投票ではなく、彼が今まで何をしてくれたかをよく考えてから、必ず投票に行ってください。

      たぶん人件費のカットをしたとか、橋下ファンは言うだろうけど、それにも限度があるし、だって公務員の給料カットするにも限度あるし、そもそもあの人市長の仕事ほとんどしてないからあの人の給料自体無駄遣いだし、仲のいいお友達を何十人もブレーンに登録して、5分間電話で相談しても、相談料として何万円もお友達の口座に税金から振り込みしてるから、無駄の削除なんて、お得意の誤魔化しです。

      そこもよく考慮して投票には必ずいきましょう❗

      • 今まで議員削減、公務員カット、自分の退職金カット実施出来た市長っていますか?

  38. 藤井先生の文章拝読させていただきました。奈良県で生まれ、京都で学び、大阪で社会人になった50代です。大阪に置き忘れた我が青春のカケラ。いつも活気に溢れ、また何処からか人が来る大阪。大阪の街は大阪の住民だけのものでしょうか。住民投票の結果如何で進退を決定するという橋下氏の言葉はまったく信用できませんが、辞める時には、「ぼくの人生に悔いはありません。」と発言するような気がしています。大阪の人のためでなく。

  39.  国語辞典を読めばわかるが、「都」というのは「宮処・みやこ」と読み、「天皇陛下(宮)が居る処」の意である。
     世界的に見ても、「都」と呼称される街には、必ず王かそれに類する身分の人が居る。翻ってアメリカなどではたとえホワイトハウスがあってもワシントンD.Cは「市」である。
     行政の中心地が「都」なのではなく、中心に王や皇帝がいるから「都」なのである。
     したがって、住民の投票ではなく、日本の場合、「都」名称を使いたいなら、住民ではなく、天皇陛下にまず伺うのがスジ。と、言う事になる。

  40. 市長には、「逃げたから卑怯だ」などと子供のようなことをおっしゃらず、また権威に訴えて圧力をかけるような真似をせず、藤井先生の主張に納得のいかない点があるのなら、「公開討論」で述べようとしていたことを、是非文書や動画で、反論して下さるようお願い申し上げます。
    藤井先生は市長の議論を封じ、反論の機会を奪おうとしたことなど一度もないのであります。
    市長の本日までの言動、また特に市長ご自身の著書より、「自分の不当性に気付いた場合には無益な感情論をふっかける」という手法の披露より、公開討論そのものが無益で醜悪な一幕におとしいれられることを危惧されたものであると推察いたします。
    私達の国から自由な議論の場が奪われないことを、心より祈念いたします。

  41. 大阪市は関や平松が頑張ったおかげで借金は残っているものの収支は黒字化されました
    一方大阪府は橋下府知事になって赤字化したようです
    ですからカジノや自分たちの進めたい公共事業に投資するお金を大阪市から持ってくる必要があるのだと思います
    だからと言って政令市を権限のない赤子のような特別区にしていい訳ありません
    そもそも水道事業等で大阪市の職員にばかにされたことが事の発端のようです
    そして大阪市に乗り込んできた訳ですが、つまり私怨からです
    世界でも例のない特別区制度が東京で成り立っているのは、財源が豊なのと、特別区の住民が東京都の7割を占めているからです
    大阪市の場合はその反対の3割しかいません
    大阪市民よ橋下に騙されてはいけません
    そういう人ほど口が上手く巧妙なのです

  42. 「事実3」がよくわからない。予算の一部が府(都)に移行し、全体に使われる、とく=旧市の中で管理できなくなる=のはわかるのですが、負担となる事項=額=はどれだけが府(都)に移行するのか、そちらも言わないと、片手落ちの議論になると思います。それは藤井さん側も、維新の側も、両方欠けている話であるように思います。

  43. <<年間2200億円の大阪市民の税金が市外に「流出」します

    なんか、あたかも大阪市民が損をするってイメージを書き出していますが
    大阪市民は1人あたりの借金が東京都民の3倍背負わされてるんですよ。
    大阪市という膨大な政令指定都市が、大阪府に対抗して何千億もの数々のハコモノ行政に手を出して、無駄な事をしきたんです。
    だから5つの特別区に分けて、選挙で選ばれた首長が、住民基礎自治の仕事に専念する。
    そして、大阪府が広域行政を断行する。
    大阪市だけぢゃ、オリンピック招致ひとつとっても、惨敗。
    大阪全体で強くなって、都市間競争しましょうっていうのが大阪都構想ですよ。

    藤井殿の論調は、全て大阪市民目線からみた、大阪都構想の光と影のうち、影の部分だけを言ってるだけですよね。

    • 無駄をなくすための制度改革のはずが、制度改革が自己目的化されていることが問題だということ。改革を制度にしたらアカンちゅうことやね。

  44. 大都市地域における特別区の設置に関する法律
    (平成二十四年九月五日法律第八十号)
    最終改正:平成二六年五月三〇日法律第四二号
     
    (特別区を包括する道府県に対する法令の適用)
    第十条  特別区を包括する道府県は、地方自治法その他の法令の規定の適用については、法律又はこれに基づく政令に特別の定めがあるものを除くほか、都とみなす。

    ://law.e-gov.go.jp/htmldata/H24/H24HO080.html

  45. しかしひどい記事だな

    事実には違いないがあまりにも偏りすぎている

    反対でも賛成でもないと中立の立場を取りあたかも信頼に足る情報のように装っているが、メリットの部分の事実を表さない限り、都構想反対の立場の意見としか取れない

    このような偏った記事にだまされてはいけない

  46. 「地方自治法その他の法令の規定の適用については」と限定されています。そのあたまに「特別区を包括する道府県は」と付いているように、あくまでも「府」だけども、地方自治法の条項を適用するときだけは「都」と同じように扱いますよという法律です。

  47. なんとも気持ちの悪いコメントが多いですね。
    制度を反対する為に書き込んでいるだけ。
    何がしたいのでしょう?

    大阪の事を思っているなら、別の対案を出せば良いでしょう。
    大阪がどうなってもいいなら口を挟むのを控えるべきです。
    現状のままでは大阪は破局に突き進むでしょう。
    それを改善する為に出来る事は何でしょうか?

    理屈は何にでもつけられます。
    その理屈を根拠にした講釈などいくらでも出来ます。
    大切なのは実のある案を出す事じゃないですか?
    それを実行出来れば言う事無しですね。
    ただ一方的な理屈にぶら下がって、現状打開の案も出さず意見をいう人の多さが非常に気持ち悪い。
    こんな事では、何も注意喚起をしない『主』も同類と思われてしまいますよ。

    • 大阪市民の為に、貴重な意見を発信してくださっていると理解していますが、気に入らなければスルーしたらいいだけですよね。
      なぜに、丁寧にコメントを書き込まれるのでしょうか。
      あなたのコメントのほうが誰かの請け売りコメントですよね。
      多くの有益なソースを葬りさすことは、市民は望んでいませんよ。「情報弾圧?」
      気に入らなければスルーしてくださいね。

  48. 正直読む価値もないと思って読んでいませんでしたが、やはり相手方の言っていることも聞かなきゃいけないと思ったので読んでみました。

    ・事実1
    おっしゃる通りですが、いわゆる都構想賛成派の府民が「都」という名称のために都構想に賛成していると考えているのなら府民を馬鹿にし過ぎではないでしょうか。

    ・事実2
    大阪市を5つの特別区に分割することについての賛否、その通りです。大阪市を5つの特別区に分割することが重要なのです。堺市を除く周辺市については大阪市解体による都政移行が実現すれば区部編入の議論も起きるでしょう。いずれにしろ一括でやるのは無理があると思います。堺市は現状難しそうですね。あるべき像としては区部に編入すべきでしょう。政令市だって都市圏の核になる部分を想定していたでしょうし、相模原とか堺が単純に人口要件で政令市になってしまったのはどうかと思っているのですが、これは都政移行後に堺市民が決めればよいとしか言いようがないです。中世以来の自治都市の歴史云々と言う方もいますが、もともとの堺市がどの範囲だったのか考えてほしいです。

    ・事実3~4
    これは橋下氏自ら繰り返し説明されているので私が書くまでもないですが、税金が流出するというのは広域的な事業の担当が市から府に移るという話であって、大阪市会や大阪市庁からみれば権限の流出ですが、市民からみれば管轄が変わるだけの話です。そして地下鉄にしたって現状のいわゆる市営モンロー主義の路線網ではなくより広域的な計画に基づく路線網のほうが、そもそも大阪市民も便利ですし、市外の府民が便利な方が市内だって発展しますよ。どうしても既に建っている建物等での話になってしまいますが、府立中央図書館だって大阪市が政令指定都市だからわざわざ市外に建てられたわけで、都区制なら市立中央図書館の代わりに府立中央図書館が市内に建っていただけで、大阪市民としては何もマイナスにならないんです。二個あったほうがいいとかいうのはもう価値観の話であってどちらが事実とかいう話ではありません。法的常識云々の可能性の話に関しては検証の仕様がありません。藤井先生と橋下氏のどちらの説明に納得する人が多いかという話です。

    • ・事実5
      別に都区制がそんなに限られた条件でないと意味がなかったり逆効果になったりする制度だとは思いませんが、特別区の範囲については拡大を目指すべきでしょう。府議会の議論は東京都の様に特別区の住民の意向を特に重点的に配慮したものとはならないということですが、これはつまり現状の大阪市会のように大阪市庁の意向に配慮し大阪市内だけの狭い視野で議論して結果的に大阪市民・市外の府民双方が不便なことにならない、ということです。というかそもそも府に権限が委譲される類の投資に関しては大阪府の中央部にある大阪市内に持ってくるのが大阪府民全体としての意向だというのが分からないのでしょうか。それ以外の各地域に必要な基礎的なサービスは市内も市外も基礎自治体がやるんですよ。

      ・事実6
      前半の喩え話は一般論としてその通りです。東京23区が単一市なら東京都心はもっと強烈に集中投資が進んでいるだろうという考えは、事実と呼ぶべきかどうかはともかく、一番議論の余地のあるところでしょう。特別市的な制度と都区制のどちらが良いかは、都市の規模や地理的状況、あるいは通勤圏がどうなっているかによるでしょうが、東京に関しては都区制のほうがベターだったと思います。「保護システム」というキーワードが出てきたので期待したのですが、大したこと書いてないじゃないですか。これでは橋下氏の説明の方に納得しちゃいますよ。もし仮に藤井先生が神の啓示か何かで単一市のほうが合理的だという事実を知っていたとしても、それを皆が納得するように伝えないと意味がないのですから、詳しく説明してくださいよ。橋下氏が嫌ならぜひ上山教授と公開討論していただきたいです。

      ・事実7
      東京の繁栄は都という仕組みのためではなく一極集中の賜である、その通りです。国策です。通産省の地道な努力の結果です。関西人はもっと怒っていいと思います。

  49. 無知でこれだけ長文書くのはさぞ頭を悩ませたでしょう。

    もっと勉強していただきたい。

  50. 都構想自体まだちゃんと整備されていないが、行政改革として象徴的な意味合いがあり前向きな構想だ。確かに現状ずさんな部分はあるが、そもそもがずさな府市政よりマシだ。たしかに市長は喧嘩早いので言う事が大きくなるが、冷静に考えれば合理性が高い。何も知らない府民に対し言わざる得ない部分があるので致し方ない所はあるがまだまだ検討の余地はあるし価値は大いにある。

    公言的な部分は世論を動かす為に言っている事で、実体とは違う。歴史的に大阪は根に問題を抱えている為難しい事ではあるが、そもそも何故隣国の京大の教授がパートナーシップを大阪に示さないのか疑問に思う。

    • 思い込みとは恐ろしいものですね。

      https://www.youtube.com/watch?v=fmkrqLFDj44
      こちらの動画をご覧になってください。

      126名に及ぶ学者さんの意見の一部です。
      正しい判断をされることを期待しています。

      投票は棄権せずに、はっきりと「反対」と記入されることでしょう。聞く耳と考える頭があればですが・・・。

  51. 記者らの間では、橋下氏の言葉を信用しないと言う事が常識に
    なている事をしるべし、

    会見等では、次から次へとしゃべりまくる橋下氏、
    その場では納得させられるが、いざ記事にしようとすると
    彼の言うことは、いつも、文字におこすと、矛盾だらけで
    整合性がない、だから、他の維新メンバーの意見を聞き記事にする、
    これは、みんな知っているので、橋下氏との討論なんて誰も相手にしない

      • 実例?そうだな、一度ハシゲの言ってることを
        メモして自分で記事にしてみるんだな

  52. 7つの事実とか言っておきながら、すごく恣意的な編集の内容ですな。

    「二重行政」というデメリットのことを言わない時点で、この内容は「情報・印象操作目的だ」って露呈してますよ。

    それはもう自明の理なんだから、いい加減そんな不毛なことはやめなさいよ。

    それだけで一発で反日の烙印決定ですよ。

  53. SCOOP TWEET JAPANESE   COPY RIGHT FREE

    ★大阪都構想 絶対にだめ 決定打 30秒!

    ★著作権一切なし  編集 加筆 コピー 国内外 あらゆるところに ばら撒きリング 超大歓迎♪

    ★政令指定都市 国に直接 物言える 東京の2番目の都市 大阪市 を性急に破壊して 失敗 間違い だったら 橋下 松井 維新の会  落選したら 政治家やめたから 後しらんになったら

    ★いったい 誰が 後責任取れるの? 失敗した時の 責任場所 明確にしないで 何十年と続いた 大阪市 解体?  大阪都構想 通ったら 道州制 日本全国やのに 他人事でないのに

    ★そんなに大切な事なら 5年 10年 20年 話し合ってからでも遅くないし 失敗したら 誰が どこが 元に戻してくれるの?  責任取れる団体 ないし 

    ★あのね郵便局の人と話してたんやけれど 大阪都構想  大阪市の解体と5つの区割りで膨大なコストと混乱が生じること発覚!

    ★5つの区割りで 郵便局 宅急便 佐川  車のカーナビが殆どアップデート出来ないから タクシー 貨物トラック 営業者 配送業者 乗用車 偉い迷惑ですわー

    ★会社の膨大な資料の住所 商品の住所 名詞 パンフレットの住所 だれがその経費払うの? 中小の会社 つぶれてまうで 健康保険所 パソコンの個人情報 電話帳 住民票 戸籍 区役所5つの建設  橋下と松井と維新の会と公明党が負担するんかいな? おこるで ほんま!

  54. 関さんと平松の努力で黒字? そんなわけないだろう 大阪市はずっと赤字だよ。 いつまでも、このままの体制でいいわけないだろう?
    新しいことを始めようとすると、必ず旧体制がそれを阻止しょうとする。
    それは自己保身のためです!! 大阪市議の自民党の多くは世襲化しており
    議員の数を減らしたくないのが見え見えなのです。それから彼らは市民より役人よりの考えを持っています。それは歴史が証明している。
    過去において大阪府知事と大阪市長が仲がいい時がなかったそうです。
    今、大阪維新の会体制の時が唯一のチャンスなのです。
    この機会を逃したら、大阪市は絶対改革されません。
    藤井某が何かほざいていますが、部外者のひとりよがりです。

    • 恥かしくないですか?
      コメントソースの入手元はひとつですよね。どこにあるんですかね。
      マニュアル通りですものね。

      誰のために誰をたたく必要があるのでしょうか。
      「あなた、いくらで雇われているんですか?」
      ホテルに缶詰めになって作業されているんですか?
      そんな部隊があると聞きました。市役所の南側のホテルですよね。大勢が雇われているものね。24時間態勢ですか?市民の税金を無駄に使ってまで市民を騙す必要があることですかね。
      市民は馬鹿じゃないですよ。現市長さんのやりたい放題を許すはずがないですよ。
      言いたい放題で失礼しました。

  55. 「大阪市から市外に流れる!」と言われてる2200億円ですが、その内750億円以上は借金返済に使われているんですけどね。

    しかも今までも大阪市以外に使われてますよ。
    関空には大阪市が100億円近く出資してます。
    なのに何故かこれを決めた平松元市長が批判してるんですよねえ。

    更に言うと、この2200億円は使途が判り辛い一般会計じゃなくて特別会計なんで、使い道はかなり限定される上に、後で検証するのが容易です。

  56. 三橋さんは今のままがベストってことか。
    って皮肉ですが…

    まぁ現状の大阪都構想に問題があるのは結構ですね、
    問題を解決する方向で修正していけば問題解決ってことだし。

    ってことで、問題を指摘するだけってのは建設的ではないですね。
    正直かなり残念。

    問題点を指摘して、代案とまでは言いませんから、修正案を提示してこそ
    学者でしょ。

    間違いを発見して喜んでるだけって…

    • 失礼な発言ですね。

      誰のための発言でしょうか?三橋先生のブログを侮辱するためにご覧になっているのでしょうか。

      学者の発言は根拠に基づいたものです。
      公になった段階で責任が生じます。

      そんな得難い情報を公開していただける貴重な発信拠点と理解しています。

      恩恵を感じないなら、スルーしても良さそうですが、最後の最後にコメントを残す意味は・・??「これって公務ですか?公金をもらって反対派をたたく命を受けている??責務として行っておられるのでしょうか。」疑念を感じるのは私だけでしょうか。間違ってたらコメンね~。

  57. 今のままがベストと言ってるのに対案を示せという奴は頭がおかしい。

  58. 今のままがベスト?今のままいったら破綻するしかないのは、私ら素人にだってわかる。橋下さんが市長になってから、大阪市の赤字が黒字に転換したってのは嘘なのか?誰も出来ないことをやってきた実績があるんだから、そっちに賭けたいって思うのが、一市民としての気持ちだけどね!

    • おめでたい方ですね。
      「誰も出来ないことをやってきた実績???」

      関さん、平松さんが行った実績をきちんと数字を照らしたうえなら、TMでの誰かさんの発言を鵜呑みにすることもないでしょう。全て、耳学なんでしょうね。
      前市長の業績までも自分の実績として大きく見せなければ、支持者は増やせないからでしょうか。

      あたかも現市長の成果としてみなすことは正しくない(無責任な)発言ですよ。データをご自身で確認してから発言ください。

      「今のままいったら破綻するしかない???」

      破たんするのは、大阪府のほうですよね。
      こちらも財政状況を確認してみてください。
      「起債許可団体」に転落したのは大阪府だったですよね。
      大阪市は許可なく事業費を捻出することができる自治体ですよね。

      「そっちに賭けたいって思うのが、一市民としての気持ちだけどね!」

      一票の多数で実施される危険な住民投票ですよ。
      博打で決める物ではありません。孫子の代いや末代まで恨まれることになることを認識して投票してくださいね。
      一度、廃止されたら元の政令市にはもどれないからこそ事実を耳学でなくご自身で調査し現市長の発言の裏付けを入手されることが大切です。

      一旦、昨年の本会議で否決された協定書がなぜ住民投票にかけられることになったのかを、その経緯を調べたら「反対」と誰もが投ずると思いますよ。10月27日だったかな、公明党代表委員の発言は何より素晴らしい否決の要件を述べられていますよ。こちらも動画が見れますので確認くださいね。
      そして、なぜその協定書が住民投票にかけられるようになったのかの経緯を全て動画を確認してみてください。トイレ休憩のあとの不思議な事態を見ればお恐ろしいこと(大阪は踏み台にされたのです。)が生じていることに気付けると思います。

      そして、こんな茶番劇を早く終わらせるように協力して下さい。

      • >「今のままいったら破綻するしかない???」
        >破たんするのは、大阪府のほうですよね。
        藤井さんの論でも違和感あったのですが、大阪市が良ければ良くて、大阪府の事は知らないというお考えなのでしょうか。
        大阪府で一番栄えている場所が、自分だけ良ければ良いと考えているようだと大阪府の凋落は止まりそうにないですね。

  59. 大阪府民の方が大阪市を解体して、その税収を大阪府の予算に
    直接取り込みたいのは分かりますけど、大阪市民としては、
    行政サービスを犠牲にして、プールや図書館を閉鎖して、
    運動場や大学を閉鎖して、ゴミ収集を減らされて、
    黙って自分たちのためじゃなくて府民のために税を納めろと
    言われても、そんな乱暴な、という印象しかございません。

    要は府知事のポストとったら
    市民の意向によらず、市の設備を含め思うがママに
    統廃合できるのに、という野望を叶えるための構想でしょう。
    地下鉄もカジノも作りたいのは分かるのですが、
    それならそう言えばいいのに。と思います。

  60. 【事実1】
    正しい

    【事実2】
    正しい

    【事実3】
    大阪市の借金も大阪府が背負います.

    【事実4】
    大阪市「外」ではなく大阪全体の広域事業のために使われます.

    【事実5】
    それぞれの区長が住民の意向に配慮しながら行政を進めます.

    【事実6】
    東京市のままだったら,インフラが東京市内で完結し,神奈川,千葉,埼玉との流通が停滞し,発展しなかったでしょう.

    【事実7】
    東京都のGDPは日本全体の19%です.全国で1位ですが「一極集中」という言葉は飛躍しているのではないでしょうか.因みに大阪府は8%です.

    東京「都」によってインフラなどの広域事業を展開し流通を発展させ,それによって神奈川,千葉,埼玉も成長し,そしてまた東京も成長しました.

    東京市のままであれば市内事業に特化し,経済規模もとっくに頭打ちになっていたでしょう.

    • 【事実3】
      市債の継承先は大阪府ですが償還負担の7割は特別区負担、基金は100%大阪府が継承します(特別区設置協定書P11-12,25)
      またこの項では財源を管理できなくなるということに対しての懸念のため何の反論なのかわかりません。

      【事実4】
      広域事業に使われるということは市外に使用されているため反論になっていないです。

      【事実5】
      区の権限と財源は小さいため区の行政は現在と同レベルの行政サービスは実施できません。
      区のコントロール外となる2000億も合わせて市が管理していたのでそれが市外へあてられた場合、行政サービスの質の低下は免れません。
      反論するならその2000億が100%特別区に割り当てられる根拠が必要です。

      【事実6】
      現在の都営地下鉄が23区外に伸びないこと考えればインフラの面で大した差はないと思います。
      市営地下鉄になる、都営バス青梅線がどうするかという程度。
      また東京府議会は東京市からの議員が多くなりますが東京市が強力になるようにアクセスを良くするほうに向かうでしょう。現在でも道路以外は私鉄が勝手にやっています。
      結果強大な東京市と強大になった東京からの財源を持つ東京都になるだけだと思います。
      この予想には何の意味もありません。現実に東京市は現在存在しませんので。
      根拠のない予想をするべきではなく発展しないであろう根拠があればそれを提示するべきです。

      【事実7】
      大阪市のGDPは約22兆、東京は少なくとも62兆(東京のGDPと人口から計算)の人口の集中を考えれば3倍以上開きがあるでしょう。
      都と府で2倍以上のGNP、市と23区で3倍以上、上場企業の本社機能の集中は4倍弱、中小でも1.5倍すべて東京が上回ります
      十分一極集中といっていいでしょう。
      また、事実6と重なりますが根拠のない予想ではなく東京市があったらを想定できるような資料やデータなどを提示する必要があります。

  61. 色々思うところがありましたが、
    「行政サービスの質の低下」 ってやたら見るけど、それらが低下して誰か困る?というか「質」が下がるようなもんか?そもそも認知度自体低い行政サービスなんて誰が求めてるんだ?それこそ「行政サービスを提供している団体」が利権保持しようと必死に反対しているようにしか感じない。
    そもそも解体して特別区を設置するのだから、その後を市と比べるのはおかしいと思う。区それぞれが、それぞれ稼動するのだから。
    あとこれだけは言わせて欲しい。ここでもそうだし、ビラでもなんでも、反対している方は文章でやたら気色悪いコテコテの関西弁を使っているのも見ていて気分が悪い。大阪市民をバカにしているのか?そんなんで釣られるワケないでしょう。
    次回投票時には絶対賛成票を入れようとここまで読んで決意しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>