【三橋貴明】170000000000000円が日本経済にもたらした変化

FROM 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

マスコミ、エコノミスト、評論家、経済学者、政治家、、、
誰を信じるべきなのか、、、
http://www.keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_1980_mag.php

——————————————————-

【今週のNewsピックアップ】

量的緩和と補正予算
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12066286258.html
寝言
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12067001242.html

安倍政権の「デフレ対策」が、失敗に終わろうとしています。金融政策の問題ではありません。「二年間でインフレ目標2%を達成する」というコミットメントを忘れてしまったかのように見える点を除けば、日本銀行の量的緩和は正しい政策でした。

とはいえ、問題は、
「需要が増え、物価が上昇し、企業が借り入れや設備投資を増やし、雇用が改善し、実質賃金が上昇する」
というデフレ脱却には、量的緩和「のみ」ではたどり着けないという点です。

こういうことを書くと、すぐに「三橋は金融政策を否定している」などと言ってくる「頭の悪い連中」が少なくないので、繰り返しておきます。三橋は金融政策拡大や量的緩和に反対したことはありません。デフレなのですから、当たり前です。

問題は、金融政策「のみ」で需要を創出し、「総需要の不足」というデフレ現象を解消することはできない、という点になります。

安倍政権が現状の金融政策を継続しつつ、14年4月の消費税増税を凍結し、せめて13年度並みの補正予算(通常予算でもいいですが)を継続してくれていたならば、我が国は半年前くらいにデフレから脱却していた可能性が高いです。

ところが、安倍政権は消費税を増税し、介護報酬は削減。公共事業費も補正予算分を含めると減額と、明確な緊縮財政に舵を切りました。結果、170兆円を超す日本円を発行したにも関わらず、インフレ率はゼロ。これが現実です。

あ、何か安倍政権になって「公的固定資本形成」が増えていることを受け、
「安倍政権は公共事業費を減らしていない」
などと、物凄く頭が悪いことを主張する人がいるみたいですが、お願いですから「公的固定資本形成」と「公共事業費」の区別くらいつけて下さい。というか、知らないなら発言しないでください。

三橋や藤井先生が「減っている(事実です)」と主張しているのは、公共事業費であり、公的固定資本形成ではありません。世の中、「用語」の意味すら知らずに使う人が多くて、嫌になります。

いずれにせよ、安倍政権のデフレ対策は、金融政策という片翼にのみ頼ろうとした結果、失敗してしまいました。別に、金融政策をやめろなどとは言っていません(むしろ、今ややめると大変なことになります)。

デフレ対策の王道、「金融政策と財政政策のパッケージ」を推進するべし、と言っているだけです。
片翼で飛べる鳥はいません。経済成長という空に飛び立つには、二つの翼が必要なのです。

**** メルマガ発行者よりおすすめ ****

●●自虐史観はなぜ作られたのか、、、
月刊三橋の今月号のテーマは、「大東亜戦争の研究〜教科書が教えないリアルな歴史」です。
http://youtu.be/cx6gcrylFvc

◆◇お客様の声◇◆

”今回も大東亜戦争を始めとする様々な貴重なお話ありがとうございました。
 私は国の借金等の事や、戦後レジームを象徴とする
 自虐史観を放送するマスコミに最大の問題があると思います。
 何とかもっと国益に伴うまともな報道がされないものかとしょっちゅう思ってます。”

*****************************