【三橋貴明】目隠したまま交差点を渡る日本国民

From 三橋貴明

———————————————

【オススメ】

月刊三橋最新号
「2017年の世界と日本『政治的タブーの罠』を見破れ!」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

【今週のNewsピックアップ】
新時代が始まる
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12239774822.html
ドナルド・トランプ その1「バイ・アメリカン、ハイヤー・アメリカン」
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12240060339.html

アメリカ第45代大統領に、ドナルド・トランプが就任しました。
トランプ大統領は、ワシントンのエスタブリッシュメントが、
「自らは守ったが、国民は守らなかった」
と、指摘し、さらにグローバリズム
(globalism)という言葉こそ使わなかったものの、
「何十年もの間、我々は米国産業を犠牲にして他国の
産業を豊かにしてきた。我々の軍事力が衰退するのを
許してしまう一方で他国の軍隊を補助してきた。
我々は他国を守ってきたが自国を守らなかった。
そして海外で何兆ドルも使ったが、米国の
インフラは荒れ果ててしまった。(訳はWSJ)」
と、過去のアメリカのグローバリズム路線を
猛烈に批判したのです。そもそも、
「it’s going to be only America first, America first.(これからはアメリカ第一だ、アメリカ第一だ)」
「We will follow two simple rules; buy American and hire American.(我々は二つの単純な方針を採用する。米国製品を買え、米国人を雇えだ)」
と語った以上、トランプの反グローバリズム、
「アメリカ国民を」保護する姿勢は明白です。

それにも関わらず、
日本のマスコミや財界、それに政治家も、
「行き過ぎたグローバリズムの是正」という
世界的な潮流に逆らおうとするのでしょう。

昨日、取り上げましたが、NHKは
トランプ大統領の就任演説の全訳の際に、
『We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies and destroying our jobs.
Protection will lead to great prosperity and strength. I will fight for you with every breath in my body and I will never ever let you down.』
上記の部分について、
『ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの
企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという
略奪から、われわれの国を守らなければなりません。
わたしは全力で皆さんのために戦います。』
と訳し、最も重要な発言である、
「Protection will lead to great prosperity and strength.(保護主義は繁栄と強さに結びつく。)」
を省略しました。
NHKがこんな露骨な偏向報道をする有様では、
日本国民は新時代において「目隠しをして交差点を
渡らされる」ようなものです。世界的に行き過ぎた
グローバリズムの是正が始まっているにも関わらず、
その事実を知らせない。

TPPにしても、正式にアメリカが離脱表明した
ため、発効しないことが確定しましたが、政治家や
財界はしつこくしがみつこうとするのでしょう。

実際、日本商工会議所の三村明夫会頭は、
アメリカがTPPにしばらく批准しなくても
TPPは消滅しないとの考えを示し、
辛抱強く待つべきと発言しました。

何たる周回遅れ!

柴山桂太先生が、昨年、三橋経済塾で語った、
「世界の歴史はイギリスから動くが、
最後まで取り残されるのが日本(とドイツ)」
という指摘を思い出しました。

日本でTPPやグローバリズムを思考停止的に
妄信していた皆さん、このままでは「バスに
乗り遅れる!」ことになりますよ(皮肉)。

—発行者より—

【オススメ】

2016年は激動とも言える一年だった。

イギリスのEU離脱(ブレグジット)、
アメリカ大統領選挙のトランプ氏の勝利、
さらにはフランスやドイツでテロが多発した。

これから世界はどうなっていくのか。
その中で、日本はどう動くべきなのか。

三橋貴明が思考停止の世界と日本を目覚めさせる。

月刊三橋最新号
「2017年の世界と日本『政治的タブーの罠』を見破れ!」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php